虹の橋

虹の橋

イギリスの諺にこんなのがあります。

120504_rainbow.jpg
「子供が生まれたら犬を飼いなさい。

子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。

子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。

子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。

そして子供がおとなになった時、

自らの死をもって子供に命の尊さを 教えるでしょう。」


職業柄、ペットのいろんな死に目に遭う。
延命して延命して延命して闘病生活の果てに管をたくさん通されたままで虹の橋を渡る子。
苦しいのが続くのはかわいそうだからと安楽死を懇願されて虹の橋を渡る子。
寿命を受け入れた家族のもとで見守られて虹の橋を渡る子。
家族に見放されて保健所で苦しい思いをして虹の橋を渡る子。
突然山の中においてきぼりにされて、寒くてひもじい思いをして虹の橋を渡る子。
家族と思った人間に虐待されて虹の橋を渡ってしまう子。
人間と触れ合ったこともなく暖かい毛布もくつろげる絨毯も知らずに、
業者にケージの中にとじこめられたっきり虹の橋を渡ってしまう子。
通り魔のような人間に切り刻まれて虹の橋を渡ってしまう子も。


メイちゃんは幸せだ。
暖かい家の中で一緒に暮らしてきた家族に見守られて、虹の橋を渡って行った。
子供たちの心の中には耐えがたい喪失感を与えることになったけど、
悲しい別れを経験した子供たちは命の大切さを強く心に刻みつけてやさしい子たちに育つでしょう。


この諺に日本で派生した続きがあります。


「子供が生まれなければ猫を飼いなさい。

猫が赤ん坊の時、あなたは猫の良きしもべとなるでしょう。

猫が幼年期の時、あなたは猫の良きしもべであるでしょう。

猫が少年期の時、あなたは猫の良きしもべでいるでしょう。

猫がおとなになった時、あなたはやはり猫の良きしもべのままでしょう。

そして、いつかその時、猫は自らの死をもってあなたの心に猫型の穴を開けるでしょう。

その穴を埋めるには、また猫を飼うしかありません。」


愛情を注いだ分だけ、大きく深い穴になる。

犬型の穴も猫型の穴も同じだと思う。



うちには猫が5匹います。

今まで3匹の猫を見送りました。
8歳まで虐待され続けて、うちに迎えて2年で癌を発症して
最後ワタシの足を枕に亡くなったディーナ。
手のひらに乗る奇形だった乳飲み子。
毎日こっそり職場に連れて行ってミルクを飲ませていたけど力及ばず
連日の育猫で疲れて寝入ったワタシのそばでひっそりと冷たくなってました。
朝まで元気だったのに、家に帰った時には冷たくなっていたはにぞう。
あのときはわけがわからず泣き明かしました。


動物は人より先に死んでしまうものだけど、
それでも気持ちはついていかないもの。
残された人間は、うちにきて幸せだったのかな・・・?と思うものだけど、
そう思ってもらえる人間のもとで飼われていること自体がその子はとても幸せだった証。


ご冥福を心からお祈りします。

12 Responses »

  1. 有名な「犬の十戒」もイギリスでしたっけ。

    あることでふと今朝ひさしぶりに読みましたが、これって人間に対しても同じだなって思いました。偶然ヒトミンさんのところを覗いたら、同じようなお話でちょっとびっくりしました。



    1. 私の一生はだいたい10年から15年。あなた と離れるのが一番つらいことです。どうか、 私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲し い。

    2. あなたが私に何を求めているのか、私がそ れを理解するまで待って欲しい。

    3. 私を信頼して欲しい、それが私の幸せなの だから。

    4. 私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めた りしないで欲しい。あなたには他にやる事が あって、楽しみがあって、友達もいるかもし れない。でも、私にはあなたしかいないか ら。

    5. 話しかけて欲しい。言葉は分からなくて も、あなたの声は届いているから。

    6. あなたがどのように私を扱ったか、私はそ れを決して忘れない。

    7. 私を殴ったり、いじめたりする前に覚えて おいて欲しい。私は鋭い歯であなたを傷つけ ることができるにもかかわらず、あなたを傷 つけないと決めていることを。

    8. 私が言うことを聞かないだとか、頑固だと か、怠けているからといって叱る前に、私が 何かで苦しんでいないか考えて欲しい。もし かしたら、食事に問題があるかもしれない し、長い間日に照らされているかもしれな い。それか、もう体が老いて、弱ってきてい るのかもしれないと。

    9. 私が年を取っても、私の世話をして欲し い。あなたもまた同じように年を取るのだか ら。

    10. 最後のその時まで一緒にいて欲しい。言 わないで欲しい、「もう見てはいられない。 」、「居た堪れない。」などと。あなたが隣にい てくれることが私を幸せにするのだから。忘 れないで下さい、私はあなたを愛していま す。

    スレ汚し、失礼。

    • >みちろうさん
      病院で亡くなっていく子たちを見ると、
      なんとかして延命して少しでも長く一緒にいたいと願う飼い主さんの心情と
      見知らぬところで亡くなるよりは住み慣れた家で家族みんなに見守られて
      旅立つ方が幸せだったんじゃ?と思う心とで板挟みになります・・・。
      先生方が最善を尽くされても、命をつなぎとめることができないこともありますし・・・。

      うちにも要介護の猫がいます。
      部屋に粗相をしてしまうので、部屋中にペットシーツを敷いていて、
      疲れて家に帰って、まず掃除ってのはしんどかったりすることもあります。
      ケージに入れておいた方が自分は楽だけど、縁あってうちに来てくれた子だし、
      それはしたくないので最後まで家で看取るつもりです。

      でも、病気になったからといってまるでモノが壊れたみたいに
      保健所に送り込む飼い主がいるのも否めない事実で、
      犬の十戒のような警鐘がなされ続けているのでしょうね。
      10番目なんかは胸にぐっときます。確かに人も同じことがいえますね。

      みちろうさんの心につかえている何かが(あるのだとしたら?)、いい方向に解決して進んでいきますようにヽ(o⌒▽⌒o)ノ::・’゜☆。.::・’゜★。

  2. ご冥福をお祈りします。何ともタイミング的に琴線に来ます。うちの子(♀)も今年6月に渡りました。
    闘病しつつも14年半の生涯、最期倒れたときに抱き上げた身体は全身力が抜けていたことをついこの前のことのように思い出します。

    寂しさはきっとずっとあるのでしょうね。留守番ばかりさせて、「ウチで幸せだったんだろうか?」とも思います。
    今となっては聞けず、空を見上げるだけですが、ただ一つ、間違いなく言えるのは
    まさに、「私は彼女と過ごせ幸せだった」ということです。

    • >じみ井さん
      そうでしたか。まだふとしたときにその面影が残っていてこみあげてきますよね。
      長毛の子がなくなったときは亡くなって半年しても毛玉が出てきたりして思い出したりしてました。
      14年半、大往生ですね。家族に見守られながら旅だっていけることが一番だと思います。

      うちの病院は100人近くの職員がいて、看護士さんの部屋では猫が飼われているのですが、
      この猫がちゃんと人間を判別しているのですよ。この人はおやつくれる人、
      この人は遊んでくれる人、この人は撫でてくれる人っていう風に。
      家の猫は毎日見知った人だから判別してくれてアタリマエだと思ったけど、
      この大量の人の中で病院の猫が人を判別しているってことは、共通の言語はないかもしれないけど、
      動物と気持ちは通じるんだなってつくづく思います。

      外で暮らす子たちの過酷な状況、保健所に送られたり、悪質な業者や飼い主による虐待、
      そういうのを見ているから、家の中で飼われている子たちはそれだけで幸せだって断言できます。
      でも、じみ井さんの「彼女と過ごせて幸せだった」すごくじーんときました。

      ワタシも留守番ばかりさせてますけど、一緒に暮らせるこのときを大切にしていきたいと思います。

  3. ごめん、昨日余計な事書いちまった。


    僕は動物を飼いません。
    猫も犬も好きではないかもしれません。

    妻は猫が好きです。
    子供三人とも猫好きです。

    今度飼いたいと言ったら、猫  飼うかな。

    • >ぐっち~さん
      何をおっしゃいます~!
      いつもいつもぐっち~さんには元気もらってますよ!

      うちの両親も動物なんか汚いし!ってゆっていたのですが、
      ワタシが猫を飼い始めてから実家に連れて帰るたびに
      こそっと膝の上に乗せたり、写メったりいっちょまえの猫バカしてます(≧m≦)

      ぐっち~さんのお仕事からすれば、動物の毛は厳禁だろうな~と思うので、
      今じゃなくていつか時期が来たら飼わずにはいられない状態で
      迷い込んできたりしていつの間にかいついちゃったりしてるんじゃないかなぁwww

  4. 我が家は、2匹。保護した猫。
    ゴハンを催促する♂
    じっと待つ♀
    だれよりも、辛抱強くグチ聞いてくれる。
    側に居てくれる。
    何にも言わずに、私を支えている。
    とにかく、大好き。

    • >宮崎のCB乗りさん
      いいですね~。ほのぼのとした暮らしが目に浮かびます。
      うちのは子猫のときに買った猫じょりさま♀
      虐待されていた家から救い出してきた猫こもも♀
      避妊手術してリリースしようと思ってたらあまりにいい子だったのでそのまま家にいる猫むーちゃん♀
      猫嫌いのおっさんに迫害されてた野良ネコ姉くるん妹でる。
      ごはんごはんごはんごはんトイレ掃除しろ水よこせとやかましい猫らだけど、
      夜はみんなでベッドに入ってぐるぐる言ってるのを聞いて眠れる幸せwww
      やっぱバイク乗りはネコスキーが多いですよねwww

  5. ありがとうねー!!
    メイはこんな風に皆に想われて幸せだよ^^
    本当にありがとう~。
    また今度、メイの思い出話にでも付き合っておくれー!!

    • >たぁさん
      メイちゃんはホントに亡くなってからも
      こんなにも大切にされて幸せだったと心から思うよ~。
      じみ井さんが書いてたように、たぁさんご一家はメイちゃんと
      一緒に暮らせたことが幸せだと思いだせるようになるよ。
      残されたメイちゃんの片割れもさびしがるとは思うけど、
      メイちゃんの分までいっぱいかわいがってあげてねー。

  6. はじめまして
    最近免許をとりもうすぐオレンジのエストレヤを購入予定のものです。
    普通二輪以前のバイク歴も似ているし、参考にと日記を読んでいたら……
    この日記の最後の一行で泣いてしまいました。
    生まれた頃からいつも犬がそばにいないときはない人生で、当然虹の橋をわたった子もいます。
    後悔や不安が常に消えずに度々泣きますが、最後の一行は救いというかなんというか、少し安心させてくれました。
    ありがとうございます。

    動物好きな一家で、妹はトリマー、母は野良猫を去勢させる?近所のボランティア? に参加しています。私も動物愛護の活動をしたいなとは思っていてもきっかけやつてがなく…
    今後も日記の読者でいたいので、よろしくお願いしますね!!

    • >ここたろうさん
      はじめまして~!ご来訪&書きこみありがとうございます。
      オレンジエストなんですね!
      初期の?2006年のでしょうか~納車楽しみですね。
      やっぱエストはオレンジ最強ですよねww
      納車したらここのブログは画像を貼れるようにしてあるので是非アップしてくださいねー。

      そして過去の記事も読んでいただきありがとうございますー。

      ワタシも以前は野良猫を保護して里親を探すボランティアやってました。
      体力も金銭的にも自分が飼ってるペットにも負担が大きく、そして譲渡した先でトラブルなどがあって疲れてやめてしまいました。
      今は東日本大震災の保護ボランティアをやってる団体さんに細々寄付してるだけですが、ここたろうさんもできることが見つかるといいですね。

      ボチボチ更新してますのでまた見に来て下さいねー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

バイク画像添付できるよ!(ファイルサイズ小さくしてね)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)