吉報と凶報

吉報と凶報

吉報の方は、骨折は順調にまっすぐくっつきだしているとのこと。
クサクサ我慢の甲斐ありました♪───O(≧∇≦)O────♪

凶報の方は、ミ・エストのセルかけても、エンジンが吹け上がらなくなってたこと。
まあ、買ったっきり3年半、95000キロもバッテリー交換してないのでそれも仕方ないことなのでしょう。

足が治るタイミングで引き上げ修理をお願いしました。

今日は久々の晴れ。
冬物をがっつり洗濯してしまいましょう。

よしよし、この調子で行けば来月にはミ・エスト通勤も夢じゃない( *`艸´)

8 Responses »

  1. 凶報の方は簡単に直せるし大丈夫。
    吉報の方はウラヤマシイカギリデス。

    僕、折れてないハズなのになんで乗れないんだろー(´Д` )

    • >ほりりんさん
      かからなくなるっていうアクシデントは今までなかったから
      ちょっと焦ったけど、週末ライダーのみなさんはよく整備されてるんですなー。

      あや?通勤は今車なの?てっきりだぶちゃんで通勤してるかと思ってたよー。
      そりゃ歩きで怪我とスピードが出てる状態での怪我は衝撃が違うだろうからなぁ~。
      気持ちはよーくわかるよー。
      そいやエストっちのパワーアップはまだ保留中かい?
      お互いおとなしくしてちゃんと治そうね~

  2. エンジンはかかります?かかるなら多分大丈夫です。ふけが悪くても煽ってると戻ります。走りながらやったほうがいいので、元気になってからのほうがいいです。
    うちの子もしばらくぶりに動かすとなりますよ。10メートルくらい煽って走ると戻ります。それでもダメならキャブのオーバーホールですね。

    • >あうふさん
      セルを押すとキュルキュルはいうのですけど、そのままふけあがんなくて切れちゃいます。
      チョークひいてもだめっぽいし。
      でも、整備さんと話してて実は今年のどこかでエンジンのオーバーホールをする予定です。
      ピストンをなんちゃらかんちゃらでどうたらこうたらってゆってましたw
      2000km毎に交換してるのに、以前に比べると毎回だいぶオイルが減っちゃっているんだそう。
      まぁそろそろ10万キロだし、きちっと見てもらいますよ~。

  3. 吉報何よりだね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
    骨がくっついても無茶しないで、しばらくは様子みながら、いきなり長距離走らんようにね。

    凶報は、安心して預けられるショップがあるんだから心配ご無用だ!

    • >あやんちゃん
      おとなしくしてた甲斐があったよー。
      バイクはまぁせいぜい富士山に行くくらいだよーwwwそれより山に登れるかが心配w
      まぁ無難なところで高尾山くらいからじみーに登り始めるしかないだろうねぇ。

      とにかく油断禁物で、骨がくっつくまではおとなしくしていますー。
      ところで棚本さんの写真展見に行かない~?
      とはいえご本人がいらっしゃるときにはいけなさそうなのだけど・・・(;´Д`)

  4. 怪我の方回復順調そうで何よりです。

    エストの方はキャブのフロートチャンバー内のガソリンが蒸発、濃縮してワニスになり、スロージェットが詰まりかけてるんだと思います。

    何にせよ走行距離も多いですし、お店で見てもらうのは良いと思います。

    意外とタンクのガソリンに、ヒトミンさんの好きなワコーズのフューエル1混ぜて、燃料コックPRIにして新しいガソリンフロートチャンバーに入れてやればエンジンかかる事もありますよ。
    その場合、何回もセル回してプラグかぶっちゃってるでしょうから、プラグをライターで炙るか、キャブクリーナーを吹き付け真鍮ブラシで擦って綺麗にしておくと良いです。

    あと、今は無理ですが押しがけする方法もあります。(エンジンの負圧で強制的にガソリンを流します)
    普通の人は1速でやりますが、私の場合は非力なので
    1.キーをONにし燃料コックPRI、ギア5速に入れクラッチ握ったままバイクを押しながら走る。
    2.エンジンがバフンバフンいったら、加速して飛び乗りながらクラッチを繋ぐ。
    3.エンジンがかかったらギアを落とし、ニュートラルでアイドリングし、燃料コックをONにする。

    一応バッテリーが弱ってセルが回らない場合でもこれでエンジンがかかりますので、出先での急なバッテリー不調などの際は覚えておくと便利です。
    ただ押しがけは坂道だと楽なんですが、平坦な道だと汗だくですけどね。

    他にはヤマハのキャブクリーナー泡タイプがあれば軽い症状なら自分でも掃除できます。(お店にお願いするとキャブ清掃だけで諭吉が飛んで行きますから)
    手順としては
    1.右側のサイドカバーを開けエアクリーナーBOXからエレメントフィルターを抜き出す。
    2.エアクリーナーBOXの隙間からキャブのエアクリ側の口が泡で一杯になるまでキャブクリーナーを吹き5分ほど放置。
    3.何回かセルを回しエンジンがかかったら、アクセルを開けながらもう一度キャブクリーナーを吹いてマフラーから白煙が出なくなるまで空ぶかしする。

    こちらも症状が重い場合は、キャブを外して分解掃除かお店に持ち込み整備となりますね。

    どれもいざという時覚えてると便利ですよって程度なのでご参考までに。

    • >PONさん
      わー朝からありがとうございます。びっくりですwww
      PONさんのエストは幸せ者ですね~。
      ミ・エストはワタシのような乗るだけの人間に買われたばっかりにこき使われて気の毒になってきましたよw

      んーと、そんなに簡単に蒸発しちゃうんじゃ~サンデードライバーの人たちは大変だなぁと思いました。
      やっぱ毎日乗ることが一番の整備なんでしょうね。
      いろいろいつもご説明いただいて恐縮なのですが、
      こんないろんな作業をできるスペースも時間も技術もないので
      やっぱり今後も店任せになってしまいそうなのですが(;´Д`)
      いつもスイマセン!きっとここを見に来てくれているエスト乗りの誰かの役に立っていると思ってご勘弁を~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

バイク画像添付できるよ!(ファイルサイズ小さくしてね)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)