2014/8/18-20 エストエストエストエスト東北集結ツー その5 朝の絶景からのエコーラインリベンジならず

2014/8/18-20 エストエストエストエスト東北集結ツー その5 朝の絶景からのエコーラインリベンジならず
2014/8/18-20 エストエストエストエスト東北集結ツー その5 朝の絶景からのエコーラインリベンジならず

えーと。日曜日から暑さが戻るんじゃありませんでしたっけ・・・?

朝晩寒い・・・。

防風ジャケットがないと通勤できーん!
※ぼうふうジャケットと入力すると暴風が一番に出てくるヒトミン屋仕様IMEww
てか、暴風が吹き荒れるジャケットなんて着てバイクに乗ってられんわっwww

日照時間も足りてないし・・・
今年の作物の行方が心配です。・゚・(ノД`)・゚・。
そして・・・9月の中旬に猛暑とかになったら
紅葉の行方が心配です。・゚・(ノД`)・゚・。


今年の紅葉。

今年狙っているのは3度目の挑戦白駒池の赤!+八方池の水鏡
去年のリベンジ一切経山の魔女の瞳!+秋元湖の夜明け

くうさんのブログでおなじみ鳥海山の錦の紅葉も行きたいけど1泊2日じゃきつい。
でも、10月は忙しいので公休確保すら危ういし(´・ω・`)


とか思ってたら・・・
土曜日、東京駅でJR東日本の青森のポスターが目に飛び込んできました。

行くぜ東北!
tsutanuma_l
青森・蔦沼


z0000000659.gif



こっこれはっ!


青森は去年のロンツーで奥入瀬も行けてないし、十三湖も行きたいし、
白神山地も行ってみたいし、大間のマグロに尻屋崎の寒立馬!


・・・てか、そうなると青森満喫ロンツークラスになるので、来年かなぁ~www


青森蔦沼、か。
水鏡マニアとしては行かねばならぬリストに加えておかないと((φ(..。)カキカキ




さて、あけて8/20。楽しかった東北ツーもいよいよ最終日を迎えてしまいました。


で。4時50分。
カーテンを開けると・・・


やばっ\(◎∠◎)/
空が燃えている!



とりあえず着替えて免許とカメラだけ持って、
寝起きのミ・エストを叩き起こしてろくな暖気もせずに東へ向かいました。


ここからはエストエストエストの3人が知らない世界ですwww


空が開けてるところっ!とかって焦って移動したので、
移動してる間に日の出を迎えてしまい、
その幻想的な日の出前の焼けを撮ることができなかったよ・・・。


更に1枚目の写真は前日の星空撮影のマニュアルモードのままだったので画面が真っ白www
DSC_0031 DSC_0042
更になんか日の出の写真はピントがあってない・・・


レンズのマニュアルフォーカスのままなのも忘れてたwww
これからはマニュアルモードで撮影が終わったら都度Aモードに切り替えておこうと心に決めましたwww


てなわけで日が昇りきってしまいましたが、かろうじて朝日の写真をキャッチしました。
DSC_0055


待ち合わせ時間まで結構あるし、エコーラインの雲海を狙おうかと思ったのですが、
昨日帰りに見た広大な田園風景の写真を撮っておこうと昨日走った通りに行ってみます。


・・・絶対なんか違うwww


昨日通らなかったトンネルをくぐり、なんだか人家もなくなり
山に向かっている道に迷い込んでしまったのでおとなしくUターンしますw


最初の分岐に戻って違う方向へ走ってみるも、ここもなんか違うみたい・・・。


とか、さまよっているうちになんだかすごい場所にたどり着いてしまいました!
DSC_0073
朝もやの田園風景を貫くまっすぐの道~!※前日の田園風景の場所とは違いますw


朝露に濡れた稲穂がきれーいヽ(o⌒▽⌒o)ノ
DSC_0085


しばらく写真撮ってたら、深くかかっていた朝もやが晴れてきて・・・
DSC_0102


なっ、なにこの幻想的な景色!\(◎o◎)/!
DSC_0105


朝日に照らされるまっすぐの道。
DSC_0125


そして稲穂の朝露が朝日に照らされてそれはそれは美しい輝きを放っていました。
DSC_0123


道に座り込んで、この美しいひとときを満喫。
DSC_0142
tamron16-300mmは労せずタマボケが撮れるとこはオキニイリwww


それにしてもなんてフォトジェニックな一本木なのでしょう。
DSC_0131


朝もやが晴れていくに伴ってそのフォトジェニックな姿が浮き上がってきます。
DSC_0155


すばらしい存在感!
DSC_0156
今思えば、ミ・エストをこの木の下に配置して、
ちょっと遠くからシルエットで撮ったら凶悪にすてっきーだったんじゃない?


こんときはもうこの景色に見惚れてたから考えも及ばなかったんだけどねwww


さて。ここで1時間ほどぼーっと景色を眺めていたので、そろそろ宿に戻ろうと思ったものの、
自分がどこから来たのかがわからないwww


目印は宿の方向にある山と、昨晩買い出しに行ったスーパーの案内看板w


その方向に向かってりゃたどり着くだろうと走ってると~


ひまわり畑に遭遇しました!
DSC_0172 DSC_0174
朝イチで太陽の光が届いてなかったのは残念だったけど、ひまわり畑が見れてご満悦です。

「ひまわりの花言葉知ってる?
ずっとあなたを見ている。なんだって。」

確かに。

この大量のひまわりに[壁]д=) じっと見つめられている感がハンパないっすw



で。テキトーに山を越えたら、宿につながる道に出たので帰還。


今回メグ屋の手配でお世話になった

岩盤浴すみかわ さん
宮城県刈田郡蔵王町円田釜沢13−8
火曜日定休


平日素泊まり1名4700円という破格のお値段で、今回は一人1室を使わせていただいたわけですが、
お部屋はこんな広々してました!
DSC_8841 DSC_8842
2人だと3700円/人とめっちゃリーズナブル。


でも素泊まりプランじゃなくても料理つきのプランもいろいろおいしそうでしたwww


しかもバルコニーからは小川のせせらぎが聞こえます。
DSC_8843
これからこっち方面に来たときは常宿にしたいですねw


さて、この日のメインディッシュ・・・っていうかこの旅のメインディッシュであった蔵王エコーライン。
去年は雨で敗退し、車で連れて行ってもらったわけで、このエコーラインをバイクで走りたい!と
1年間リベンジできる日を虎視眈々と狙っておりました。


この日の天気予報は晴れ。
そして猛暑女のミユ屋同行。


にもかかわらず!


蔵王は分厚い雲に覆われ、蔵王お釜のライブカメラはガスで何も見えないとメグ屋情報。
DSC_8848 DSC_8851
とりあえず行けるところまで行ってみようとエコーラインに突入します。


滝見台に到着~。
DSC_0200 DSC_0197
三段の滝は幾重にも白糸が垂れていて繊細。


んで不動滝~。
DSC_0208
これは滝見台から少し行ったところにある不動滝の観爆台で、ここから見ると滝壺まで見えましたよ!


そういや自撮してなかったのでここで1枚。
ワタシが合図したにも関わらずぴろっち2回とも飛べてないし。リズム感がないんじゃないのー?www
DSC_8855 DSC_0204
エストエストエストエストの上にかかる雲もなんだか不穏な動きをしておりました。


この先、エコーラインの旧料金所の付近で雨雲に遭遇したので、
先に進むのを断念し、雨でウェットの山道はゴメンだとばかりに爆走して来た道を下りました。


ああ、エコーライン。
いつになったらワタシに微笑んでくれるのでしょうね・・・。


終わりきれなかったのでw続く。
次回こそ最終回www

6 Responses »

  1. ヒトミン、朝から大暴走の巻!w
    でも良い写真が撮れましたねぇ♪

    んでー
    この蔦沼のポスター、スゴイねぇ…ヒトミンじゃなくても引き込まれる水鏡だぁ∑(゚Д゚)

    • >ほりりんさん
      朝は三文の徳っていうけど、ホント朝の景色は何物にも代えられないよね~。

      蔦沼のポスター、駅だと当然もっと大きいんだけど、
      これの他にまっきいろのポスターと五色の紅葉のポスターが並んでたんだけど
      ホント目を奪われました。
      京都の秋もいいけど、人が多すぎるもんねwww

  2. ええ写真やわぁ

    エコーラインは仙台在住の時は朝練で毎日走ってました
    滝見台の近くにはジャンピングスポットがありまして毎回登りで恐怖の大ジャンプしてたんだけど懐かしいなー

    霧の日には白いヘルメットでRZに乗った幽霊ライダーが出るって噂もあったねー

    • >王大人さん
      お褒めいただき、あざーっす。
      え、蔦沼の写真ですか?www

      エコーライン、この日もばうばう言わしてるバイクが駆けぬけてましたよ~。
      幽霊話みたいなのはどこにでもつきものなんでしょうかねwww

  3. やっぱり、学校帰りの小学生だね!
    旅先で日の出ともに起きるとは!
    早朝から放浪とは!

    おかげで、お気にの写真が撮れたようでなにより。
    朝焼けはやっぱりいいね!
    独り占めの時間と景色は良い思い出ですなぁ~

    • >赤忍さん
      えー基本ワタシのツーリングは日の出とともに走り出し、日の入りと共に終了だよwww
      遠足前の小学生じゃありませんのでっwww

      朝の景色はいつもの景色が化けるからね~いちど赤忍さんも体験をww
      狙っていくのじゃなくて、全く思いがけなく出会えた絶景は本当に印象深いよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

バイク画像添付できるよ!(ファイルサイズ小さくしてね)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)