イベント?

イベント?

東京タワーがライトアップをやめて
浮かび上がらせた文字。
kizuna.jpg 絆。
ミ・エストにも南相馬で買った絆のシールを貼っています。
でも、絆って?
冬の間は、南相馬へ通うのもお休みしていたから、
メディアの情報や、ネットで得られる情報をもとに、
知ったかぶりして被災地ではあーだこーだというのはイヤだったから
ここでは触れないようにしていましたけど。

3月11日が明けました。

いわき市内では、様々なイベントがあり、たくさんの人たちが足を運びました。

震災から1年、それぞれにたくさんの想いがあったでしょう。

撮影を通して、今日もっとも印象に残ったというか考えさせられた1枚をアップします。

この写真に写っている方はご遺族です。

この場所は、家族が亡くなった場所、そして、自宅のあった場所です。

… 喪服のまま、ただひとり涙を流しながら袋いっぱいにゴミを拾っていました。拾っても拾っても津波で来たゴミではないゴミが散乱していました。

“絆”とか、”被災地を観て考えたい”という前に、震災を理解してください。

震災は、フィクションではありません。

そこは、実際に人が亡くなり、自宅や財産が奪われた場所です。

この方は、私を知っていて私に訴えてきました。

「こんな理不尽なことばかりです。人が亡くなった場所で、イベントを行って、ゴミを捨てて行くって、哀しくて悔しくて。もう前に進む力も、訴えていく力も無くなりました。」と。

これで良いのですか?

震災から1年、ひとりひとりもう一度真剣に考えなければならない問題です。



いわき在住カメラマンの高橋智裕さんのコラムより全文引用

サイトには、1人の喪服の女性の写真が添えられています。
復興「イベント」ってなんだろう?
それが本当に被災された方々の望まれていることなのかな?
1年経ったから区切り?
誰のための、何のための区切りなの?
NHKの特集で福島の子供たちに、私は元気な子供が産めますか?
とか言わせるようなインタビューが報道されていたとか。
NHKに何の意図があってこんな報道をしてるのか全くわかりません。
元気な子供が産めるかどうかなんて世界中のどんな健常な女性にもわからないことです。
元気な子供が産めたって、
事故にあって命をつなげないこともある。
障害をもつことだってある。
そんなのを視覚で訴えるメディアで報道したら、
疑問を持たない大多数の日本人は
その言葉だけが頭の中にインプットされて腫れもの扱いがエスカレートするのは目に見えてるはず。
それでもそんなシーンだけを報道するのはお涙ちょうだい?視聴率獲得?
子供たちには、不安を植え付けるだけの無責任な情報を垂れ流すメディアの情報を
鵜呑みにしない強さと賢さを身につけて欲しい。
私には福島にとどまることが大丈夫かどうかなんて学者じゃないしわからない。
でも、うわっつらな言葉でそこから出れば、なんとかなりますよなんて言葉はかけない。
福島を出て新しい生活を始める人にはそのサポートを、
そして福島に残りたい、福島で踏ん張りたいって人がいる限り、そこで生き抜いていく手伝いを続けたい。
そう思います。
二輪の免許をとったもう一つの目的は
南相馬へ通える足を持つこと。
品川から300キロを超える道のりは
半分の180キロを走るだけでへたる私には遠い道のり。
高速にも乗れない私には更に高いハードル。
身の丈に合わないかもしれないけど、
でも、目標があるからこそ、上達できるよね?

4件のフィードバック »

  1. こんにちはあ!なんで?なんのために?って思うことたくさんありますよね!
    ボクも「イベント」自体共感できないところもあって、テレビはあまり見ませんでした、
    でも昨日のラジオで現地のインタビューで、被災者の方々が元気に笑って話してる声を聴いて、
    なぜか涙でそうになりました。
    こんなことしてていいのかな?とバイク整備しながら感じました。
    ひとみんちゃんの「生き抜いていく手伝いを続けたい」「目標があるからこそ」を読んで思い出しました。
    ボクの座右の銘は、『急がばまわれ』(おっちょこちょいなので)ですが、
    『希望は人を成功に導く信仰である。希望がなければなにごとも成就するものではない。』
    という、ヘレン・ケラーさんの、希望を失わないことがその人の生き方をかえる、
    神心ないボクの唯一の”宗教”?です、
    南相馬まで今後行くことになるんですか?さすがに心配だけど、なんか嬉しいですね、
    ひとみんちゃんみたいな人がいてくれることが。

  2. >ポッキーさん
    うちテレビないんですよ~地デジ難民ですwww
    まぁしょうもない報道垂れ流してるだけだからテレビなんざいらんなとwワンセグあるしぃ~。
    こんなことしててもいいのかなっての、いいんですよ!!!
    「エンターテインメントは、衣食住の次の日常で」
    「被災した人達がいつも触れていたはずの」
    「だから、日常は揺らいじゃいけない」
    「そこに戻ろうとする人達の指針なんだから」
    大好きなドリカムのまささんの言葉です。
    心の充実って衣食住だけじゃ満たされない。
    趣味に没頭したり、何かに向かって努力したり、気心の知れた人たちと心ゆくまで話したり
    そういう日常を取り戻してもらえるまでが本当の復興だと思います。
    バイクいじりだって、やらかしツーリング記録だって、
    今はバイクに乗れないけど、いつかここに行こうとか、いつか手に入れてやろうとか
    まずはそういう欲とか希望☆をもってもらえるきっかけになればなって思うんですよ~。
    被災された方々の心の奥にしまってある気持ちなんてのはわかりっこないほど深いと思ってます。
    私たちは震災で家族や財産をなくしたわけじゃないから、
    どんなに理解しようとしたってそれは自分の想像にすぎない。
    支援とかボランティアとかなんかそういう大仰なもんじゃなくて、
    大変な思いをされて、毎日不安と向き合っている福島の方々が
    まずは何かに対してこうしたいって思ってくれること、
    そしたらその実現のお手伝いを後ろからしていって、
    くじけそうになったり、後ろ向きになりたくなったときに、
    後ろに戻れないように立ちはだかってwいけたらなって思います。
    自分の生活なげうってボランティアしてる方々もたくさんいます。
    でも、私根性なしだから、自分の続けられる範囲で安全第一で通いますよ~!

  3. うーん、考えさせられる内容です。
    復興支援とか、震災の現状を見に行くのにゴミおいて帰るって。
    有り得ない話です。
    今は私も何をできるか?と思いつつ、信用できる所での義援金に協力したり
    福島のお米や納豆とか買ったり(単に美味しくて好きだからということもありますが)
    4月からの被災地派遣は正式に決まっていないから協力できるかはわからないですが、
    できる所で力になりたい、そう思います。
    私も暖かくなったら福島に行きたいと思っています。
    …仕事が落ち着いたらになってしまうと思いますが・・・。

  4. >MEYさん
    なんか福島の土産もサービスエリアに大量に捨てられてるという記事を読みました。
    まごころがむげにされてるのでせつないですね。
    桜の季節にいきましょう(笑)車とバイクでツーリング(^o^)
    支援はいろんなカタチで長く続けることが必要ですから
    自分らも疲れないようがんばりましょ~。
    コメント見落としててゴメンなさい~(⌒-⌒; )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

バイク画像添付できるよ!(ファイルサイズ小さくしてね)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)