まお

まお

まおのオリンピックが終わってもう3週間。
ほんとはリアルタイムに書けたらよかったんだけど(笑)
っていうか、一度書いたんだけど、途中でなぜか記事がなくなっちゃったんだよー。
今から6年前か?
アイスダンスをやっている友達が
天才ジュニアが世界の舞台にいよいよ出てくるんだよって
キリンシティでビール片手に興奮して話してたの覚えてる。
それがまおだった。
私の中でまおが特別なものに変わった2007年の世界選手権。

ショートプログラムを5位と出遅れて、でもこのフリー滑り終わって1位に浮上。
でも、そのあと美姫に抜かれてしまって2位で終わります。
悔しさのあまりトイレにこもって号泣した、と。
彼女は自分の滑りに決して言い訳も泣き言も言わない。
まおは天才ってだけじゃない、心がまっすぐで強いんだと思って尊敬した瞬間。
今シーズン、始まってまさかのグランプリファイナルを逃し、
ほんの3ヶ月でここまで仕上げてきた4大陸選手権。

シーズン前に調整できなかったのかっていわれりゃそれまでだけど、人間だもの。
波があるのはしょうがない。でも、ここという試合に調整できるのが一流。
この鐘というプログラム。
それまでのなんというか淡々とした表情から一転したまおが見られるようになった。
魂から叫んでるような表情が、そこかしこにスティル写真でみられる。
オリンピック、YU-NA KIM選手には勝てなかったまおが、ひどく号泣していた。
まおが一般人だったら、戦いきって銀メダルだったら、もうそれはよくやった。
次に金メダル目指せばいいってムードになってたと思う。
男子の銅メダルのように。
でも、まおは痛々しいまでの姿で号泣していた。
まおはあくまでも「勝つこと」に執念を燃やしている姿勢を貫いてた。
心を揺さぶられた。
私はひとつの戦いにここまでの執念を燃やして挑んだことがあったか?と。
イチローも同じことをゆっていた。
銀メダルで、浅田が悔し涙を流したことについても「うれし涙でもおかしくない。自分が力を発揮したわけでしょ。誰もやったことのないことをやってね。悔し涙だとしたら、すごいなあ」
天漢日乗というサイトに興味深い記事が載っていた。
バンクーバー五輪女子フィギュア 「受験秀才」が勝つ採点システムに浅田真央は負けた→2/17付ニューズウィーク誌の記事は「新採点システムでは審査員の母国びいきと裏取引はむしろ悪化」と指摘→Nスペ「浅田真央 キム・ヨナ”史上最高”の闘い」@2/27 総合22:00〜22:50
その中で
「男子でも4回転を飛ばない選手が金メダルを取るこのご時世に、アスリートとして持てる技術の限界を超え、フィギュアスケートの水準を高めようと、浅田真央は自分を叱咤激励し続けるというのである。」
とある。
スノボのショーン・ホワイトがダブルコーク、マックツイストと向かうところ敵なしの
技術を持っているにもかかわらずダブルマックツイストを完成させたのと共通してる。
もっと上を極めたいと願うのは一流アスリートの共通の切望なんじゃないかな。
その心にこそ、人は感動し心を揺さぶられる。
私がナカタが嫌いな理由も、彼にはこの上を極めたいという切望が感じられないから。
プル様も同じ種類の人間で、一貫してフィギュアスケートの更なる上を目指してる。
プル様はトリノのあと、半月板を半分なくしてる。
しかもオリンピックに向けた調整はたったの半シーズン。
GPシリーズ ロシア杯 プルシェンコの帰還
トリノの宇宙人ぶりはなくなって、調整不足の感はいなめないけど、
それでもきっちり銀を取ってきた。
さらに30歳を超えるソチにも出るって言い切ってる。
そんなプル様がフィギュアスケートの上を目指すまおに同志として後継として気にかけているのもうなづける。
真央に4回転!ソチへプル様伝授
きっと、まおに同じものを感じているんだと思う。
人のがんばる姿って、心にパワーをくれる。
今シーズン最後の鐘を高らかに奏でてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

バイク画像添付できるよ!(ファイルサイズ小さくしてね)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)