Tag Archives: 富士山

初めてのロンツー その2 富士山満喫後の北行修行

初めてのロンツー その2 富士山満喫後の北行修行

朝から銀杏爆弾の頭上投下に遭い、電車は停まってるわ、
駅から20分歩く間に全身ずぶ濡れ!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆
今回の台風は気圧が低いのでちょっと頭がぼーっとしています。
本日移動の方も出勤の方もお気をつけて。


9月6日の続きです。

忍野八海について、先にトイレに行ったのです。
トイレは和式の便器でした。

今時にはめずらしくすごく水流の勢いのいいトイレだったんです。

で・・・

立ちあがった瞬間、その勢いよく水が流れている便器に・・・



ちゃり~ん・・・



・・・えっ?



バイクの鍵が吸い込まれていったのです\(◎∠◎)/

その水の流れを例えると・・・
まさにこんな感じ!

なすすべもなく水が流れ終わるのを立ちすくんで眺めておりました。
出る前にスペアキーもって出かけようと思ってたのにバタバタして忘れたしっ!
とか、
まぁ距離無制限のレッカーサービス入ってるサイアク今から家にレッカーしてもらって
そっから北に向かえば間に合うだろう
とか、
瞬時にいろいろ考えましたね~(´∀`;)

で、水の流れが収まって便器を覗きこんでみたら・・・

なんとっ!!!

なっ流れてな~いっっ!!\(*T▽T*)/


ワタクシ、バッグにディズニーの30周年のペットボトルホルダーをつけているのです。
このリングの部分にバイクの鍵をひっかけているのですが、それが丸ごと今回落ちたんですね。

で、この水色のミッキーバルーン。
中が空洞になっているのです。
それが浮き代わりになって、あの激しい流れの中浮いて流れて行かなかったようでした。

z0000000704.gif
不幸中の幸いとはこのことです。
みなさんも出先のトイレにはくれぐれも注意しましょうw
携帯を流しちゃった人もいるしね~[壁]`∀´)Ψヶヶヶ

ああ、トイレネタは封印しようと思っていたのに、またトイレネタを使ってしまったwww


で、気を取り直して忍野八海を散策。
湧池とお釜池は相変わらずいい被写体です。
 

水が本当にキレイなところにしか咲かないという梅花藻も。
花が白とびしちゃったけど本当にキレイでした~。


そして蕎麦打ちの水車。三脚なしのわりにはそこそこ撮れました。


コスモスの背景に忍野八海のシンボルでもある干したとうもろこし。

甲州もろこしというらしく、干して粉にしてお団子やおやきにするんだとか。

本当は富士吉田市で朝からやってる吉田うどんを朝ご飯代わりに食べるというプランでしたが、どうにも腹ペコで我慢できなくなったので忍野八海にある蕎麦屋さんへwww
寒かったのであったかいおそばを食べたかったのですが、時間かかるってことで冷とろろそばに変更。
しっかりした歯ごたえの透き通ったおいしいおそばでしたよ~。
店内には赤富士の絵もかかっていたので、ここで赤富士満喫ってことでw

この後ほりりんさんとあやんちゃんはソフトクリームまで食べてました。
寒くないのケー?
ソフトを手に満面の笑みのほりりんさんをお伝えできなくて残念ですwww

そのあとはいつもの林道へ~。
でも今回は、最後のダートを抜いた場所から始める逆走。
林道はグーグルマップでは殆ど出てないので入口の目印と行き順が書いてある紙を頼りに進みましたが、やっぱ途中でわからなくなってツーリングマップルのお世話にw

逆走してるからかもしれないけど、この日は車がとても多かった。
更に雨上がりであちこちに土砂が流れ出していてちょっと快適ってわけにはいかなかったけど・・・。

無事にいつもの撮影スポットへ~。

場所をナビで確認するのに忙しく、富士山の撮影タイミングを逃したほりりんさんが写っていますwww

やっぱエスト並べると壮観だよね~。
 

で、途中の天空路でバイクを停めてしばらくおしゃべり。
あやんちゃんのエストの調子が悪いってんでほりりんさんがプラグみてくれてました。
あやんちゃんのエスト、もっと回した方がいいよ~ってほりりんさん。
なんならワタシに乗ってもらえば・・・あっそれはブローバイ起こすからやめた方がいっか・・・だってww
へーへーワタシはエストを回し過ぎですよーwww
 
あと、ほりりんさんのエスト1992年のはハンドルのウインカーの色が黄色!
ちょっとずつ違うんですねw

そうそう、こんときにミ・エストの車体番号とエンジンの番号が普通は近いモノらしいけど、
エンジンの方の番号がえらく古いと教えてもらいました。
もしかしたらエンジン載せ換えてるのかもね~って。
前のオーナーさん、5000kmくらいしか走ってないって思ってたけど、実は違ってたりしてねw

で、林道走り終わったところであやんちゃんとはお別れ。
リハビリとは程遠い長距離引き回しですまん~( ̄▽ ̄;A

またエストいっぱいで走ろうね~

で、ここからは県道71号から道の駅朝霧高原を経由して富士宮焼きそばを食べに。

今回は富士宮やきそば学会に行ってみましたよ~。
いくつかの焼きそばやとかお店が集まったお宮横丁の中にあります。


その中でいっぱい食べようってことで半分ずつシェアすることに。
旅先でいっぱい欲張って食べたいときはシェアするのが楽しいよね~

富士宮やきそば学会のやきそばと~
 
ここのはオーソドックスにソース味のもちもちした焼きそばでしたよ~。
歯ごたえがあっておいしかった!

老舗杉本の焼きそば~
 
ここのはイカが入っていて、上にいわし粉がふんだんにふってあって魚介系。
ここの焼きそば好き~!

それから富士山餃子。とりあえず富士山ってつけとけみたいなwww

えーと、えびとチーズと肉の餃子を一個ずつ。
チーズがめっちゃチーズがたくさん入っててチーズでしたwww
ほりりんさんゴチになりました!

世界遺産になったお祝いをたくさん貼ってありましたよ~。
 

お腹を満たした後はお土産屋さんに。
このいわし粉、本当においしかったので買って帰りたかったのだけど、
何も東北に持っていかなくてもまた来た時に買おうってことで見送り。
でも、これ本当においしかったので絶対買う~。


あとは変わり種のやきそばドロップスとか焼き鳥コーラとか・・・
焼きそばはわかるけどなんで焼き鳥?って思ったら、ホテイの焼き鳥缶の本社が近くにあるんですね~。
 

で、お互い薦め合っていたのですがほりりんさんのおごりでとうとう焼き鳥コーラを半分こすることに!

散々、値札に焼き鳥缶と一緒に飲むコーラはまずいとか書いてあったのでどんなもんかと思ったら、拍子抜けするほど普通のコーラでしたwww

ここからほりりんさんは愛知県へ、ワタシは岩手へ目指してそれぞれ出発します。

思いつきで実現した富士山ツー、すっきりした富士山は見れなくて残念だったけど、
長い付き合いでとても初めてあったとは思えないほど楽しい時間を過ごせました。
また今度はエストの数増やして走りましょ~。

さて、16時頃富士ICから新東名に乗り、目の前にはでっかい入道雲。
途中雨にふられ、海老名SAに17時頃逃げ込みます。
そこでレインスーツを着こみ、サイドバッグにカバーをかけて再出発。

もちろん首都高は帰宅ラッシュの渋滞で、しーかーもー山手トンネルの中は蒸し風呂。
レインスーツで干上がりそうになりながらなんとか19時前に浦和料金所を抜けました。

東北道はいつも通り・・・なのですが、途中白河から本格的な雨。

実は前回転んだときにシールドをスモークシールドに替えてたのですがこれが大失敗。
地方の暗い道では視界が殆ど効かず、雨でシールドは乱反射。
シールドをあけて雨に打たれながら走るはめに。

吾妻PAで22時半をまわっていました。
ここまではいつもの福島に行くペースで来れてたのですが・・・
雨が強くなり、ここで一旦仮眠。
とはいえスペースはないので東屋のベンチでヘルメット被ったままごろ寝www

オトコマエすぎるよ自分・・・。

この後国見SAを超え、東北道でも走ったことないエリアへ。
白石で雨がやむまでは真っ暗で恐ろしい道をひたすら北行。
白石を超えた後は仙台に向かうR=400の下りカーブの連続に泣かされ。・゚・(ノД`)・゚・。
走れど走れど岩手は遠い・・・。
途中給油に入ったどっかのSAはGSが22時閉店。。。
しかも仙台から先給油できるのは限られたSAのみ。

最後の給油して水沢ICを降りたのは1時40分をまわってました。
そっからビジネスホテルへチェックインして、
とりあえずベッドに入ったのが2時ちょいすぎくらい。

初日の走行距離:品川-富士山-水沢で872km
いや~写真もないけど初日ハイライトは宮城の雨区間からのカーブの連続区間でした。
ワタシはまだこんなところで死にたくはないって思いながら走ってました。
次回岩手に行くときは絶対福島で一泊してから行こうと心に決めましたw

でも、当初は2時過ぎくらいに出て、23時頃には着くだろうと思っていたのが
深夜時間帯に突入したので高速料金半額の3700円になってたのはラッキーでしたwww

この日のおさらい。これはちょっとナシでしょwww二度とこんな行程やんないwww

大きな地図で見る

初めてのロンツー その1 初日は宮城のはずがなぜか・・・

初めてのロンツー その1 初日は宮城のはずがなぜか・・・

9月6日金曜日、午前3時。
前の晩に荷掛けしていたミ・エストと共に1週間延期した東北ツーへと自宅前を出発~!


そして4時30分!


東名御殿場IC出口~!(※写真イメージです。実際は6時頃の5合目からの富士山です)


・・・あれ?(*^▽^*) ニョホホ


もともとこの日は天気がよかったら赤富士ツーリングやろうと約束していたのですが、
その週は例によって天気予報がころころ変わり、更に台風まで発生。
こりゃ~赤富士ツーはキャンセルで、初日の予定も変更して
宿近くの温泉でのんびりするか~?とか思ってたのですが、
前日天気予報が激変。
雨からの翌朝快晴の予報に!!!
これは間違いなく赤富士くる!雲海つきの炎上もあるかも?!

どちらかをキャンセル・・・なんてのはワタシの辞書にそんな選択肢はない。

週刊富士山編集長の名にかけて

もちろん二兎を追わせていただきますともっ!!!


そして、バイクブログを初めてからかなり初期の段階からいろいろお世話になっている
ダイエットは明日から仲間のほりりんさんに
「御殿場ICの出口に~山中湖方面ってのがあるんでそこで待ち合わせで!」
などと待ち合わせ場所を決めたものの・・・

御殿場IC降りたら、上りと下りで出口が違うことに気づいたワタクシ。


!Σ( ̄口 ̄;;やべっ


そう、ほりりんさんは愛知から東名の上りでやってくるのです。

この御殿場IC、何回使ってるかわからないくらい通ってたのに
さっぱりそんなことはノーチェック。
そういや~冬にゆかりちゃんたちとツーリングしたときも
待ち合わせはくりはま花の公園の駐車場で!なんて指定したものの、
公園の駐車場は第3まであってさまよったし、
春にMMAROさんたちとツーリングした時も、待ち合わせのセブンイレブン
ここじゃないほうのセブンイレブンじゃないですか?とかって
あうふさんを危うく騙しかけたし・・・。

あやんちゃんとは問題なく合流し、
ほりりんさんとは近くのコンビニで合流しようって連絡しようか~って
バイクを出したら、角曲がったところにほりりんさん待ってくれてましたヽ(=⌒▽⌒=)ノ

どうせこんなこったろうと思って先回りしてくださっていた模様。
ありがたやありがたや。

さらに、あやんちゃんも同行することもゆってなくてサプライズwww
ほりりんさん、かなり動揺してました。
美女二人が目の前に突然現れりゃ~そりゃ動揺もしますわよねぇξ^▽〆オーホッホッホ

そう、終わりよければオールOK!こまけぇことは気にしない!
・・・それがヒトミンヤクオリティ。
ワタクシが先導とかワタクシが主催のツーリングに行くときはくれぐれもご注意くだされ。

さらに、気がきかない鬼畜っぷりを次々と披露するワタクシ。
合流してそのまま道の駅すばしりまで走ったものの、
ほりりんさんガソリンがヤバいってことで最寄りのガソリンスタンドまで戻ることに。

じゃ~ここで待ってるね~!とワタシ。
土地勘もなく、まだ夜も明けてない富士山麓をほりりんさんにひとり走らせるという暴挙に!
で、待てど暮らせど帰って来ないほりりんさんから電話かかってきたときには
迷ったかと思ってたよ~と笑い飛ばす始末。

今思い返しても重ね重ね気がきかなくてホントすんません(;´Д`)

つくづくワタシってエスコート能力装備されてないんだわぁ。。。

で、しらじらと明けたところで
あやんちゃんとほりりんさんから・・・
「ねぇ、富士山はどこ?」と。

そう、あれほど赤富士見れる!と豪語したにもかかわらず、
日の出の方面も富士山もとてつもなく厚い雲に覆われてしまってました。
これはせっかくはるばる来られた&朝早くから来られたのに申し訳ない・・・。

とりあえず、須走口まで行けば何かしら見えるだろうと五合目まで。

すると眼前には先週よりとてつもなくガチの雲海!
 
そして先週から1週間しか経ってないのに草紅葉が始まってました\(◎o◎)/!

富士山は見えたり隠れたり~。

須走口の駐車場は砂利なので、前日に雨でかなり水たまりできてました。
ドライな状態だったらもっと中に入って雲海を背景にバイクの写真撮れたんだけど残念。

五合目の山荘でお茶をいただいてお土産を物色した後は、自撮大会へ突入。
ひの字からの~
 
雲海背景にかけっこ!

次あやんのア。ほりりんさんのお尻がせくすぃ~wwwアの跳ねの部分をよく表現できていますwww
 
んで、あやんちゃんの名字のイ。よくよく見たら逆wwwワタシなんか曲がってるし~www

そしてホリリンのホ。

ほりりんさん、なんかもうあり得ないテンションに恥じらいとか、アイデンティティとかそういうのが崩壊寸前www

もうなんかテンションあがりまくってジャンプまでwww

この間、きのこ採りのおじさまがずーっと茫然とご覧になっていましたwww

朝、寝不足で、五合目でこのハイテンション、さらにみんな20歳の誕生日を20回は迎えてきたメンツw
さすがにみんな息切れがwww

うっかりピロノレヤさんに買ったお土産の富士山の地ビール忘れて帰るところでしたw


ふじあざみラインならば富士山背景に写真撮れるポイントは網羅しているので先回りwww
 
富士山が見えていればこんな感じで写せたのに残念~!

で、富士スピードウェイの前を通過して、県道147号で明神峠、三国峠を越えてパノラマ台へ。
パノラマ台の駐車場は車でいっぱいだったので、
ほりりんさんが富士山の方、ワタシとあやんちゃんはススキの山の方と、それぞれ道の脇に停めました。
 

で、このあとほりりんさんに並べて写真撮ろーよ!バイク動かしてきて!とゆったら
せっかくだから(見えないけど)富士山を背景にして撮りたいと。
ついつい取り回し楽しようとしましたけど、ごもっともwww

で、エストエストエスト!

いや~これで富士山出てればサイコーなのになぁ!

カラーバリエ豊富なエストですから、ホント並べて楽しいことこの上なーし。

やっぱエスト好きはこのバイクの形にほれ込んでますので、
これがいっぱい並んですてっきーな写真を撮る為ならばと労力を厭わない。
しかもやっぱ軽いんで写真撮る為の取り回しとかも気軽にお願いできるわけですよ。

大型バイクの方と一緒に走ってると、ここでバイク並べて写真撮りたいな~とか思っても、
その取り回しの大変そうな重さを考えるとどうしてもお願いするのも遠慮しちゃうんですよねw

やっぱ見てくれも、機動性も、総合的にエストサイコーwww

このあと平野の駐車場で少し休憩して、忍野八海へ。

まずは出口池から~


お魚がいっぱい泳いでいるのを見て、あやんちゃん「釣りたいよね・・・」とぽそりwww
ダメです、ここは禁漁ですのでw
 

で、この後・・・。

ビーッ ビーッ ビーッ ビーッ


池をまわる前にとんでもないトラブル発生!


このまま旅が続けられなくなるほどの危機に遭遇!!!!


珍道中はまだ始まったばかり・・・3-21.gif

ここまでのルートのおさらい。

大きな地図で見る
須走口→明神峠・三国峠・パノラマ台→山中湖平野→忍野八海

マイカー規制前富士山堪能ツー その3 宝永山初登頂

マイカー規制前富士山堪能ツー その3 宝永山初登頂

蚊とり対策にプシュっと押すだけのを買ったら・・・
夜の間は蚊の襲撃に遭いませんでした\(*T▽T*)/ワーイ♪

しかし、明け方薬効が切れたころに、蚊の襲撃に見舞われました・・・。

ってことは、蚊を寄せ付けないだけで
やっぱり蚊の居候は続いているということなのですか。・゚・(ノД`)・゚・。

まぁ、寝れただけよしのヒトミンです。

7月12日の続きです。

登山道から見上げる富士山は、五合目から見る富士山とはまた違います。


この雄大な斜面の先に、念願だった宝永山が続いていて、
雲海の青空に向かって歩くとは、あまりにも非日常の体験です。
 
そして、森林限界を超えた赤土の大地。
右の写真は山頂を撮ったものですが、富士山とはわからないですねwww

10分ほど歩くと宝永山第一火口縁にたどり着きます。
 
眼前の景色はそれまでの景色から一変。

初めて宝永山を見たのはLTCさんのサイト。
ワタシがこのゆる登山にハマったのもこのサイトを見てからと行っても過言ではないです。

水が塚駐車場からいつも眺めるだけだった宝永山の第一火口の
巨大なあり地獄のような穴と赤土とオレンジのグラデーションの大地が今ワタシの目の前に。。。


つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚感動っ!!!

標高2420m、宝永山第一火口。
ここではアウトドアグループ(昔のボーイスカウトみたいなの?)の
小学生たちが昼食をとっていましたよ。


そして・・・ここまであまりにあっさりたどり着いてしまったせいで・・・
この先の道・・・


1時間くらい平気で登れるんじゃね?( ・∇・)

と、更なる感動を求めて突き進んでしまったのです。

さて、左の写真は上の写真の解説図ですが・・・
広角で撮るとわかりづらいですけど、人はこの大きさなのですwww
 
右の写真は後ろを振り返ったものですが、
富士山では2400mを超えたあたりから火山荒原というらしく、
気温が低く火山砂礫が絶えず移動しているため植物が育たないらしく、
この先の写真を見ると明らかですがこのあたりを境に植物はもう見当たりませんでした。

左写真:宝永山には健脚者向けのショートカットコースがあり、急勾配の足元が不安定な道がありました。
下って行く人は盛大に砂埃をあげて下っています。
 
右写真:一般人が登る方のコースも、
火山砂礫がふかふかで足がとられ滑りやすく、また途中で休憩できる箇所もないのです。

登山道の中腹辺りで、しまった・・・とは思ったのですがwww
ここまで登っといて断念とかワタシの辞書にはなーい!!!

更なる修行は続きましたwww
 
中腹あたりではかろうじて目の前が道なのはわかりますが、
途中分岐で標識があるわけではないので
これガスってたり、雨が降っていたら道を見落としてしまったかもしれません。

このときワタシの他に独り登山の方が2人いたのですが、
あまりの登坂斜面に何度も何度も休憩し、そのたびにすれ違ったり挨拶して
最後の方には仲良くなってしまいましたwww

つらい道中ではありましたが・・・
下から眺めるだけでは決して見れない富士山を仰ぎ見て元気を出し・・・
 
疲れたら自撮って休憩www

宝永山に行くには3度角度を変えて登らないとダメなのですが、
この道・・・上の写真にもあるように、登っているときはその先が全く見えないので
自分がどのへんを歩いているのか、
この先どのくらいあるかないといけないのかわからないので
相当な修行でございましたwww


でも、2度の曲がり角を過ぎて、眼前に岩の積み上げられた標とロープで張られた道が見えてきました。
きっとあれが馬の背!!!!


そして、馬の背に到達したワタシを待っていたのは360度展開された天空回廊!


はるか先には御殿場口への下り、大砂走りが見えました。


この雄大さ・・・少しでも伝えられたらと連写した写真を繋げてみましたが・・・
実際の感動はこんなもんじゃ~済まされません。

写真でお伝えすることも一生無理ですwww
登ったものだけが味わえる飛翔感。

来年には必ず富士山に登る。

そう心に決めました。

宝永山山頂で須賀川の乙女からウルトラソウル改!
 

天候にも恵まれ、こんな軽装備で登れてしまったのは本当にラッキーだったのだと思います。

この後の下りは登りより楽ではありましたが、
ライディングブーツの中に砂礫が入りまくり、
また慣れない道だったので豆が出来てしんどかったのですが・・・

六合目の雲海山荘に戻ってきていただいた氷イチゴが本当においしかったです。

五合目に戻ってきたときにはもう15時になっていて、
もう富士山も思い切り満喫できたので、帰路に着きました。
途中湘南経由にして生しらす丼でも食べようかと思ったのですが、
もうほんっとにへとへとでwwwR246からR1に抜けてまっすぐ帰宅w

この日も結局朝コンビニパンと氷イチゴしか食べてない( ・∇・)ウフフフフ

なんか絶景の中走ってると食べるのどうでもよくなるんですよね。
たとえば事前にこの店に行こうとか調べる。
そうするとどんなに絶景の中にいても、
その店が営業している時間にその店にいかなければならない。
おいしい店だったりすると行列もできているだろうし、
店に並んで入って、料理が出てくるのを待って食べる。

そんな時間があったらその分絶景を見て走りまわりたいと思っちゃうんですよねぇ。

だもんんで、ソロツーのときのぐるめ紹介は期待しないでくださいましwww
その分マスツーや普段の生活圏のぐるめ紹介には力いれてますんでご容赦くださいまし。