タグ別アーカイブ: ツーリング

茨城堪能下道ツー その2 筑波梅園と蓮根畑

茨城堪能下道ツー その2 筑波梅園と蓮根畑

で、友人に届け物をしてしばしお茶をした後、
やや遅くなりましたがライダー2年生さんがすんごくうまそうに食べてたお蕎麦屋さん猪口才さんへ。

い~感じのお蕎麦屋さん。
限定10食の昼御膳。
・蕎麦屋のサラダ
・そばの実のごはん
・自家製お豆腐
・自家製漬け物
・気まぐれ一品(この日は揚げそばにきのこのあんかけ)
・季節の野菜天(この日は蓮根、サツマイモ、いんげん、にんじん)
・十割そば
・そばプリン
それがねーおくさん!


激ウマ!


自家製お豆腐なんかおからがでない製法で作ってあって、
ねっとり濃厚くりーみー。
ご飯もこだわりの生産農家のお米を使っていてもっちりおいしいし、
のどごしもつるっとおそばもうまい。
いや~おそばの違いのわからない女のワタシも
これはうまい!と思いましたよ~。
そしてデザートのそばプリン!
これがほんのりあまくて弾力あってそりゃ~もううまいのなんの!
超おなかいっぱいになりました。

これで1350円は安い~!

そばつゆもすんごいねっとりしておいしかったよ。

そこからナビ任せで筑波梅林へ。
のどかなフルーツラインから県道42号を通ります。

・・・と、途中から・・・

なんですか?この道はっ!!!

急こう配の結構なRの山道にっ!


(≧∇≦)/ビバ!山道ヒャッハー!




いきなり視界が開けてたどり着いたのは筑波山\(◎o◎)/!
風返し峠。


更にナニ~?表筑波山スカイライン????

非常に走りたい衝動にかられたのだけど、
この時点でガソリンの残量がやばいことになっていたのでおとなしく梅林方面へ。

ってか・・・19-8時まで二輪通行止めってどんだけ????

で、下り山道へたれクラブ全開で下っていたら梅林ののぼりがたくさんでてました。
ここでも駐車場入ろうとしたらバイクはタダ!
茨城県、なんてバイクにやさしいんだろう3-12.gif 他の県は見習ってくれや~(*`▽´*) ウヒョヒョ



さて、筑波梅林。

な~んと!




絶景~!!!!


梅園が白とピンクに埋め尽くされてる上に、遠くつくば市内を背景に、地平線がまあるく見えるんですよ!

それにね。

全面斜面の南向きだからどの梅もまんべんなくおひさまの光を受けられるのか
とっても樹勢があるの!どの枝も花をいっぱいにつけてまっすぐ上に伸びてる。
更に木の背丈がそんなに高くないので梅の木のアーチを通っているような感覚で上に登れます。



種類こそそんなに多くないけど、色どりがキレイだよ~。


更にバリエーションで水仙の小道もあったり。


なんか・・・
偕楽園よりこっちの方が人も少ないし絶景だしいいかも1E327_20.gif
ただ、常に逆光だから写真は結構大変w


この後ゆきはまさんが写真撮ってた蓮根畑へ。
17時。日の入りには少し早くて若干傾いてきてたけど、写真に撮ったら夕焼けっぽく写らなかった。
ので、夕陽加工w

この辺一帯が蓮根畑で夕陽が反射してそれはそれはキレイでした。
更にもうちょっと行くと霞ヶ浦があるみたいでそこも寄ってみたかったけど
行きのしんどさを考えれば少しでも早く帰路につきたいところ。

で、ライダー2年生さんのご提案を実行に。
 
ひとみんのひ。カタカナバージョンとひらがなバージョン。
ひとりで撮影してたら、犬の散歩のお嬢さんがなんかコワイものをみたような感じで避けて歩いて行ったよ
うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ

この後R6で都内へ戻ります。
途中、龍ヶ崎あたりで牛久沼?に沈んでいく夕陽の本当に絵のように美しかったこと。
バイパスだから止まれないし。・゚・(ノД`)・゚・。。

渋滞中に一生懸命写真撮ったけど、
ニコワンウベで夕陽をみたままの茜色に撮るの本当に難しい・・・。

帰りもとんでもない大渋滞。
茨城では右折優先なのかぁ?と思うことが何度かあったり、
途中流山あたりでウザイバイクに絡まれたり、
R17よりはマシだけどすれすれのすり抜けしたりして疲れつつ、
都内に入るとホッとするのはなぜかなw。

都内の運転がマナーがいいってわけじゃないと思うけど
かなり前から方向指示器出してくれてるだけで全然安心感が違うんだよね。
それでも行きよりは全然時間がかからないで土浦から下道3時間で到着できました。

↓次はひたちなかにネモフィラ見に行きたい。ポチ。
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村 カワサキ
↑筑波山スカイラインも走りたいぞ。霞ヶ浦で夕陽も眺めたい。ポチ。

茨城堪能下道ツー その1 偕楽園

茨城堪能下道ツー その1 偕楽園

3月15日は偕楽園に行ってきました。

で、ブロ友さんとこに偕楽園行ってくる~なんて書きこんだら
ブロ友さんのところからわざわざ足を運んでくださった方から
無料の駐車場をご案内してくださるのでご一緒にどうですか?とお誘いが。

だが、しかし。

ツーリングが予定通り進んだためしがない風任せのイキアタリバッタリのワタクシ。
しかも、写真を撮るワタシは本当に人非人で自分勝手。
そんなワタシの人となりを全く知らないであろう方と御一緒して大丈夫か????
と不安が残るもののせっかくのお誘いのなのでいい顔して御一緒することに。

これが大失態の始まり・・・。

折りからの偕楽園の満開情報と渋滞にハマりたくないので計画では
朝5時に出て8時には偕楽園に到着の予定でした。

ところがそれが甘かった。
6時半にはすでに大渋滞のR6。
松戸あたりで殆ど動かない。
待ち合わせは8時。
どう考えても間に合わないので、
むちゃくちゃなすり抜けや走れるところでは法定速度+20km/hの爆走。
途中でいつもなら寄り道して写真撮ってるような場所も全部スルー。

しかーし。
すり抜けっつったって限界がある。
しかもあり得ないほど寒い。


路面の温度計の表示は1度!


ここんとこ南に向かってしか走ってないので感覚がマヒしていたが、
まだ冬なのである。なのに歩き回るからとジーンズの下にはタイツも履いてない!Σ( ̄口 ̄;;


寒い・・・


寒くて指先の感覚はないが
時間が気になって暖をとることすらままならない。

地元の方だとおっしゃっていたので、まだ出発される前にと
あわてて何時になるかわからないので待ち合わせはナシの、
現地で合流できそうなら合流しましょうと
なんともいいかげんなメッセージを送ってドタキャン。

マスツーする人たちってホントすごいな。
約束の時間に約束の場所に着くように走ってるんだもんな。
つくづくワタシってマスツーに向いてないんだなと自覚。
そしてワタシに付き合って一緒に走ってくれる人たちは
なんて寛容でやさしいのだろう、とひしひしとありがたみを噛みしめる。

とりあえず現地で待ちぼうけさせるっつー最悪の事態を回避した後は、
どこか休憩できる店を探すも・・・
ファミレスもない。
よしぎゅうはあったけど、長居はできない。
丸亀製麺!あったかいうどん食べたい!けどあいてないwww

このままでは風邪をマジでひく!!!と本気で思ったそのとき!

見つけたマック!!!

とりあえずホットコーヒーくれ!

牛久のマックは朝の日差しがさんさんと入ってちょーあったかい!
てんごく~(≧∇≦)/

ここであまりの寒さに動けなくなって1時間休憩www

日が充分に昇って暖かくなってから偕楽園へ進路をとります。

偕楽園へは青看板が出てるので特にナビを起動しなくても無事辿り着きました。
しかも一番近い偕楽園下の駐車場、バイクはタダでしたw(-_☆)V
これは平日だからなのか、バイクは全部タダなのか、ワタシが魅力的だったからwなのかは不明。

しかーし、偕楽園に着いたのは大幅に想定外の10時30分。
12時には近くに住む知人と待ち合わせをした用事があるので大急ぎで戦闘撮影モード!


徳川斉昭が作った庭園で日本三大庭園のひとつ。
兼六園、後楽園(岡山)に続いてこれで全部制覇しました。
個人的にはやっぱり兼六園が一番キレイだったな~。

作りこまれた庭園に梅が配置されています。

特に気に入った八重旭。薄紅色の八重の梅です。



ピンクの蕾がかわいかったよ。



んで、水戸六名木の江南所無。

ピンクの八重の梅です。
芸術的ですらあるキレイな八重。

次が淋子梅。


塒出錦


んで亀戸天神で見た白とピンクの混じった梅!


思いのままという名前らしいですよ。

なんとも詩歌的です。

で、好文亭からの眺め。

確かに整然と並んだ梅林が美しいですね。

仙波湖方面の景色。


園内はそんなに広くなくて、まぁぶっちゃけ1時間あれば見て回れますwww
というのも、なんていうか人が歩く区画がきちっと整理されていて、
梅は囲いの中に所せましと植えられてる感がなきにしもあらず・・・。
樹勢があまりなくて、木の全体像を撮ると何ともさびしげな印象を受けました。

500枚ちかく写真撮ったけど、なんか琴線に触れるっつーか
使えるって思った写真がこんだけっつー。
曽我梅林や吉野梅郷は梅の木の真下に入って行けるのでよりダイナミックな写真が撮れるんですよね。。

まぁあとはがっちり庭園なのでミ・エストと梅を撮ることができないっつー不完全燃焼もありましたがwww

斜面に咲いてたタンポポとオオイヌノフグリ。


ナズナ


ホント春が一気にきましたね。

いやいや、それにしてもホントにドタキャンっつー人の道にアラズな行いで
ご迷惑をおかけしましたことを改めて謹んでお詫び申し上げます。

あとKawasuki 爺爺Rさん、ご指摘通りレンズ汚れてました(≧∇≦)/
あんな埃飛んでると思ってなくてクリーニングキット持ち歩いてなかったんですよ~。
もともと扱いも雑なもんでwww

facebookにコメントをいただいても返信出来なくて申し訳なく思っています。
でも、やっぱりワタシにとってはメインはブログなので、
facebookやtwitterはあくまで補助的なものと考えてます。
ブログの返信すらタイムリーにできないで申し訳なく思っている現状で
ブログ優先に考えているのでご返信できないなど失礼があったらホントすみません。

↓結局風邪気味で昨日はダウン。
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村 カワサキ
↑寝過ぎで体が痛いwww

酷道下道ツー その2 宝登山蝋梅と鴻巣川幅うどん

酷道下道ツー その2 宝登山蝋梅と鴻巣川幅うどん

熊谷から走ること1時間。

蝋梅の名所、長瀞の宝登山にやってきました。
ここはバイクの駐車料金200円でした。

この日のもうひとつの目的は山に登って蝋梅の写真を撮ること!
冬ジャケはバイクにくくりつけてお留守番。徒歩でw登山道に入ります。

抜けるような青空!

歩き出してすぐ汗が噴出してきました。
しかーし、ワタシと来たら、山登り用に事前に買っといたペットボトルを
サイドバッグの中に忘れるという失態(;^ω^)

ついでに、タオルもサイドバッグの中・・・。

上に来ていたフリースも脱ぎ、パーカー1枚でひたすら登る。
山に入るといつも深い森に差す一条の光に照らされたシダを撮りたいって思うんだけど、
写真に撮るといつもなんかイメージと違うものに・・・。

心地よい疲労とともにたどり着いた頂上で待っていたのは蝋梅!

青空に淡い黄色が映えてます。

そして、梅よりももっと甘酸っぱい強い香りがあたり一面に。
蝋梅の香りのアロマとか売ってたら買いたかったけど、
そんな気の利いたお土産は売ってませんでしたw
 


お花の形も、少し蝋のように透き通った花びらもかわいい!

 
でも、梅は本当に撮影が難しいですね。


梅園の斜面からはライン下りの荒川が見えましたよ。

蝋梅、まだ植栽されたばかりの若木ばかりで
半分は枯れて茶色くなりはじめていたのでちょっと残念な感がありました。
今後何年も後には見事な樹勢の蝋梅園になっていくでしょうね。

暑いし、帰りはロープウェイで帰ろうかな~と思いつつも、
ロープウェイに乗るのも順番待ちだったので、帰りも登山道で。
帰りはゆっくり歩いて40分くらいで下れました。

駐車場にあった枝垂れ梅の前でミ・エストと。

こういう庭園見に行くとミ・エストと撮影できないので、
そこがちょっと残念です。

この時点で2時。
帰りは花園の道の駅で産直の農産物を購入w
ご飯はこれまた燃やしさんが紹介してた鴻巣の川幅うどんを食べようと鴻巣へ向かいます。

ところがっ!

最近ナビなしで行けるところばっかり走ってたのですが、
埼玉方面はさっぱりわからないので始終ナビに頼っていたので
充電が予備バッテリーも補助充電器も使い果たしてしまい
残量が非常に微妙なことに( ̄□ ̄|||)

更に事前に何も調べて行かなかったので、
鴻巣川幅うどん検索で一番最初に出てきたところに行ったら、
3時から5時まで休憩。
しょうがないので2番目の店にいったらそこもしまってて、
3番目の店にいったらそこも閉まってる!
渋滞の鴻巣市内を西に東にうろうろしてるのも疲れたし、
何より電池残量がまずすぎる。

帰り道もおぼつかないしこれは大ピーンチ!

で、公式ホームページで休憩なしでやってて
ここからそんなに遠くないお店ということで
「福ちゃん」に行くことに。

すると!

福ちゃんの前の道が工事中で通行止めに!Σ( ̄口 ̄;;!!!

なんとしてもワタシに川幅うどんをくわせない気だな!
と意地になり、一方通行の道をミ・エストを押して福ちゃんの脇道にたどり着きましたwww

すると・・・店構えが古き良き中華屋さん。
うーん・・・だいじょぶ??と思いながらのれんをくぐると人のよさそうな大将とおかあさんが迎えてくれました。
で、念願の冷やし梅かつおの川幅うどんを注文。
 
具が盛りだくさんでおいしそうです。

こうのす川幅グルメは、鴻巣市と吉見町の間を流れる荒川の幅が日本一であることにちなんで誕生した
「こうのす川幅うどん」に代表される鴻巣市のご当地グルメだそうで、
とんかつとか餃子とか幅広メニューにこだわっているそうですよ。

だもんで、うどんが幅広www


しかもなが~い!

お味はさっぱり上品な梅のつゆがきいたおうどんでした。

これはこのへんまで行くんなら食べに行く価値ありですね。

で、お店を出たら、ミ・エストをガン見してたおじさんが
品川から来たの~?
これどこのバイク?と話しかけてこられました。
前後ドラムブレーキのオールドルックのバイクが作られていること自体びっくりだそうで、
御自宅にはぴかぴかのクラブマンをお持ちだそう。

やっぱ単気筒はいいよねって話でしばしもりあがり名残惜しかったですがお別れしました。

さて帰り道。
行きのR17でうんざりしてR254川越経由で帰ろうと思っていたのに
ナビの充電切れでR254にたどり着く方法がわからず、
なくなくR17で帰路に・・・。

R17って!
埼玉と東京をつなぐ幹線二桁国道のくせに、
車線が1.5幅の微妙な一車線。
しかも左端はちゃりんこ道で右の0.5幅くらいはずっと交差点以外は斜線の走行禁止区域。
さらに!!!
500m置きぐらいに信号があって、2つにひとつは必ず赤で停まらないといけないように仕組まれている。

ありえないんですけどヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

当然道は全行程大渋滞。
でもすり抜けできるほど車線幅もない!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

ので、気使いながら無理矢理すり抜けしてたんですが、
2回ほど車のサイドミラーにコツンとぶつかって
どえらい勢いで怒られました。

すいませんでしたっヾ(。`Д´。)ノ彡←まさにこんなカンジw

よもや幹線国道がこんなに狭小、流れ悪過ぎの酷道だとは思ってなくて
完全にルート失敗しました。
もう二度とR17はつかわねぇ!

早いとこR17とおさらばしたくて、
環八が見えたときによっしゃ環八って意気揚々と右折したものの・・・

環八って関越の出入口、高井戸出入口、東名出入口、第三京浜出入口と、
まさに行楽帰りの大渋滞道路。
R17よりは車線は多いし、車線幅もある。

が。この渋滞は耐えられなーい!!!

環七まで我慢してR17走ればよかったと気づいたのは
甲州街道まで走ったころ。
このままいつもの中原街道まで環八で走ろうと思ってたけどあまりの大渋滞に
R246へ回避。246、環七は流れててホント大失敗・・・。

まぁ、オンシーズンになったら埼玉にツーリングに出かけることはそうそうないから
R17を通ることもないけど、なんか別ルート探さないとな~。


↓でも、関越乗っても大渋滞だしな・・・ポチ。
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村 カワサキ
↑R254に向かう標識出てないなんて酷過ぎるよR17・・・ポチ。