Category Archives: 岩手

初めてのロンツー その9 夢にまで見た八幡平アスピーテ

初めてのロンツー その9 夢にまで見た八幡平アスピーテ

うちの猫らはハンターです。
猫を飼ってからこの10年ほど、家の中で黒光りする例のアレを見かけなくなりました。

部屋を掃除するとアレのカケラが落ちていることもあり、
その本体がどこにいったかは考えないようにしていたのです。

トコロガー

ついに10年ぶりくらいに家の中でアレを見てしまいました。

しかも・・・上半身が半分なくなったアレが落ちてた・・・。

今まで考えないようにしてたけど、、、
やっぱ・・・
たっ・・・食べてるのかな・・・

ひいいいいいいいいいいいいいいいいいい

そっ・・・
その口でべろべろワタシをなめないでぇぇ~

ヒトミンです。


9月9日の続きです。
愛輪宿を出た我等はK6からR282で八幡平を目指します。

このK6、馬渕川沿いに走れるのですが、これがまた美しい渓流。
岩手は本当に渓流沿いの道が絶景ですね~。
そして、R282!
これがっ、かつてスキーに通いまくっていた頃あこがれていた安比高原を駆け抜けるルートだったのです。

広く開けた高原を駆け抜ける爽快感はなかなか関東では味わえるモンじゃありません。

そして目の前には岩手山が見えてきました。
走りながら、どこか撮影できるところ~と狙っていましたが・・・

あった!

電線に邪魔されず、黄金色の稲穂と一緒に撮れるとこ!

車どおりも人通りもほっとんどないのでちょっと歩道にお邪魔して撮影かーい!
 

ちょっとバイク雑誌のモデルもどきのピロノレヤさん撮れましたwww


岩手山焼走りへは国際交流村のPKに停めて行けます。
1700年代に起こった噴火によって吹き出した熔岩が、
山肌を流れるままに冷えて固まってできたものが焼走り熔岩流で、
国の特別天然記念物だそうで360度溶岩の黒い岩肌の大地が広がる様ははじめての光景でした。


残念ながら焼走りにたどりついたときにはもう岩手山に雲がかかっていました。
このとき9時ちょっと前。富士山もそうですが山はやっぱ早朝のうちに訪れるものですね。


さっき撮ることができなかった安比高原も見えました。


で、この溶岩流流れ出すところがわかる展望地まであと×mって標識が出ているのですが、
あと100mって標識の後出てきた標識が駐車場まで420mになっていて、結局どこが展望地なのかわからずじまいでしたwww

しかもこの日はこの広大な観光地にまーったく人がいない!
というわけで自撮放題www
ワタクシのデジカメは残念な事故により自撮不能になっていたので、
ピロノレヤさんの更新をお待ちくださいwww

暑く、永遠と同じ景色が続く溶岩流からひーひーいいながら戻ってきて
岩手山を背景にエストエスト撮影会かいさーい。

ワタクシ監督。
取り回しピロノレヤ。
あーもうちょっと後ろ!そこそこ!そこでハンドル左に切る!
などなど砂利の上でごちゃごちゃ移動させwww
見事なシンクロのエストエストが配置できました。

んーこうやってみるとピロノレヤさんのエストの方が大きく見える。
白で膨張してるように見えるのかしらん?
でもヘッドライトの高さとか明らかに違うよね?
遠近法???次回エスト×?ツーのときに確認してみよう。

そしてっ雲にかくれちゃってるけど岩手山を背景にエストエスト~!

晴天下のエストエストも撮れたし、もう思い残すことはないwww

ここからは、この見事な快晴のもと、快走路の続くパノラマライン、樹海ライン、アスピーテと目指します。


もう前の2日間とは違ってこの日は閉店時間に追われる必要がない!

つまーり!停まり放題、写真撮り放題!ま、カメラは残念なことになってますがね・・・

ろくに走っちゃいないけど、いきなりの~白樺の並木道!
 

そし~て岩手山ビューポイント~3-30.gif


ここから見る景色は絶景でした~1fa2ce751e9137i008084i8a.gif 新緑とか紅葉の頃来るとどんな絶景が広がっているのでしょう。
あ~見てみたい~。
 
富士山にはこの至近距離で富士山を眺めながら走れる山岳道路がないんですよね。。
まぁ独立峰だから仕方ないのですが、もし富士山にこういう山岳道路があったらサイコーなのになぁ。

そっしってっ!!!

彼方にみゆる山岳道路が、あの夢にまで見たアスピーテ!


道がうねりながら続いています~


ここは、熱湯が噴き出していて、ハンパなくボコボコゆってましたよwww
 
眼下には今まで(ミ・エストがw)のぼってきた道が見えました~。

そして、見返峠に到着~。


ここは秋田と岩手の県境。
 
八幡平の山の頂上にも20分くらいで登れるみたいです。

なにやら高原の花が咲いているみたいです。


この時点で12時近くでした。
奥入瀬まで行って写真撮るだけ撮って泊まるところはどうせ健康ランドだから
何時に着いたってかまやしないし・・・と思ったりもしたのですが、
それ以上に八幡平アスピーテラインは素晴らしい道で、素晴らしい絶景でした。

もう、このままゆっくりアスピーテラインを秋田側に降りて行って
日本海に沈む夕陽でも眺めながらゆっくり鳥海山を目指そう・・・と青森入りを断念。
そもそももともとの計画が舐めてましたしね~www
東北全部5日間でまわりきろうなんてハナから無理な話でしたwww

青森は奥入瀬や十和田湖はもちろん、尻屋崎や大間にも行きたいし、
何より竜泊ラインを走りたい。十三湖も見てみたいし・・・
いつか北海道に行くときは青森を満喫して青森からフェリーに乗ればいいじゃないか、とwww

と、決めたら・・・

このレストハウス、カレーの凶悪な香りがすんごいしてたんです。
もう花に吸い寄せられるミツバチのように、ここでランチwww
岩手県産牛スジ肉と秋田の稲庭うどんを使った源太カレーうどんを頼みました。
んで、七味を入れたら思いのほかどばっと入ってまるで溶岩流www

細くて歯ごたえのあるうどんにカレーがからんでおいしくいただききましたよぅ~

お土産コーナーでは、木で作ったバイクとかありましたよ。
 
ワタシはナマハゲをお買い上げ~。ガーディアンベルと一緒につけてます。
是非道に潜む悪魔を追い払ってもらいたいものです。

裏と表で色が違うんですよ~。
 
ナニゲにオキニイリですwww

さて、2.5日の間ワタシに岩手を案内してくれた・・・
というよりワタシが岩手をひき連れまわした?wwwピロノレヤさんともここでお別れ。
この2.5日間で、ピロノレヤさんのスタンプブックは見る目も当てられないほどボロボロにwww
 
奥様との思い出深い道の駅巡りを、
とんでもない珍道中で感慨にふける間もなくひきまわしてしまって
ホント悪かったなぁと心のすみっこでは思っているんですよwww

でも、ピロノレヤさんのかつてなかったであろう破天荒なアウトドアっぷりに
きっと奥様も虹の橋の向こうから喜んでいらっしゃることでしょう。

アタリマエに来ると思っている明日。
でも、そのアタリマエの明日を迎えられなかった方々がいらっしゃることを、
決して忘れないように生きていきたいです。

本当に岩手は素晴らしく楽しかったです。
おいしいご飯にどこに行っても快走路が続く道。
そしてすばらしき八幡平アスピーテラインと岩手山の絶景。
そして三陸には、津波の被害を乗り越えて前進しようとする息吹がありました。

行けばライダーが必ず満足できるものがあちこちにちりばめられているんですもの。

こんな素晴らしい岩手を、岩手に住むあなた方がもっと自信を持って情報を発信して呼び寄せること。

人の流れはそこに出来て、続いていくはずですから。
これからも行きたくなる心を駆りたてるような景色をみせてくださいましwww

長い道中お付き合いいただき本当にありがとうございました。
夏ジャケットでも寒くないですよって騙されたのはネにもってませんからwww
次は福島で会いましょう。

東京から岩手迄500km超。
そんな距離すらも、ミ・エストがいればまた行けると思えるからすごいよね。
このオレンジの翼がある限り、また行くぜ~岩手!


この後珍道中の真骨頂が次々と!!!!つづくwww。


初めてのロンツー その8 初めてのドニエプル

初めてのロンツー その8 初めてのドニエプル

品行方正期間中ですので、おとなしく渋滞にハマって
普段1時間の道のりが2時間も(≡言≡;)

まだあと8日間も残ってるよ・・・。

ヒトミンです。

昨日は、帰り道、レインボーブリッジに月がかかってました。

色味とアングルを変えて2枚www

さて、ロンツーも残すところあと2日となった9月9日の朝の話です。

老人の朝は早い。
5時前には目が覚め、鳥の鳴き声に誘われそっと外に出た。
雲ひとつない快晴である。

この日は、6時半にはここを出て、3時間ほど八幡平を走り、
奥入瀬に昼前に入ってそのあと高速で鳥海山まで南下するつもりでした。

が、前の晩の宴会のときに、世界のオートバイの展示を見せてもらえるのと
時間があればサイドカーに乗せて少しその辺走ってあげるよというお誘いがあり、
非常に心惹かれておりました。

するとメカニックさんも5時半過ぎくらいには起きていらしたので、
6時くらいから展示を見せてもらえることに!
爆睡中のピロノレヤさんを叩き起し、ワタシは先に展示を見せていただきましたwww

中には所狭しと旧車が並んでました!
ワタシ旧車なんてメグロくらいしか知らないけど、
なんだか長い時間、ダイジにその形をとどめて今に残っている姿にすごくカンドー。

ミ・エストもこうやって展示されるくらいながーくながーくダイジにしたい!

昔のお店の看板やら、たっくさんの名前すら知らないメーカーのバイクまでところ狭しと並んでます!
  

んで、カワサキワールドで1回見たカワサキの白バイ!
 
うーん、いいなぁ。ミ・エストも3ツ目にして、このでっかいシールド着けたいwww

それからこれこれ!ヘッドライトについたメーター!!!
これ超すてっきー!


それからっ!!!
大脱走のスティーブ・マックィーンの鑑定付きのブーツなんかも!


あとはロゴとかエンブレムとか~。昔のエンブレム、味があるよねぇ。
  

やっぱ、カワサキには反応しちゃうよねwww
 
ステッカーもたくさんあって壮観!

そして、これがオーナーさんのサイドカー「ドニエプル」
ロシアの軍用にも耐えられるサイドカーなのだそう。


カッコイイ!


最初はピロノレヤさんが乗せてもらって・・・
 
帰ってきた顔は超嬉しそうwww

んで、次ワタシが乗せてもらいました~。
 
前日の夜はこんなでこぼこの道を真っ暗な中下って来たんだ・・・と今更((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルwww

公道に出ると・・・いや~!疾走感がハンパないっす!


自分で運転しないで景色が流れていくなんて初体験!


あたりを改めてみると、農場や牧場、それから高原の上には風車も!
 

なんて清々しくてすばらしい場所なんでしょう!

めっちゃ爽快~(≧∇≦)/

いや~ワタシ、大型免許なんかとるつもり全くなかったけど、
このサイドカーに乗る為になら大型免許もありかもwww

この後、ドニエプルのお話をいろいろ聞かせていただいて、
夏にあるイベントのお話なんかも聞かせてもらって、
来年またイベントの頃必ず来る!とか豪語してましたwww

たくさんの旧車とかサイドカーとか並んでたりしたら壮観だろうなぁ~。

楽しみがまた増えました。

本当に話は尽きなかったのですが、詰め込んだ予定をこなすのに
後ろ髪をひかれながら愛輪宿さんを後にすることに。

今度泊まるときはもっと早くついて、
翌朝はもっと余裕もって出かけられるスケジュールにしようと心に決めました。

本当にいろいろお世話になり、ありがとうございました~。

つづく。

初めてのロンツー その7 満天の星空と楽しい夜

初めてのロンツー その7 満天の星空と楽しい夜

9月8日の続きです。

道の駅雫石あねっこに向かう途中で、

「小岩井牧場」1p78ced207a51du0c4f57i80.gif

なる道路標識を見たワタクシ。

そう、小岩井牧場は岩手でも行ってみたいところだったのですが、
いかんせん今回のルートから組み込むには外れ過ぎていたので断念していたのです。
これは渡りに船。転んでもただじゃ起きない!

信号待ちを狙って

「小岩井牧場に行きたいの~ん3-62.gif

と、お願いしてみました。
決して浅草寺の持国天ばりのオーラを背負って脅したわけじゃ~以下略w。

時刻が時刻だけにあいてないと思いますよ?とピロノレヤさん。

いや、ワタシは、明日の朝は早朝にアスピーテを駆け抜けてしまうのでおそらくわんこフラッグ配布所の八幡平レストハウスはあいてないので、今日のうちに同じ種類のわんこフラッグがもらえる小岩井牧場でもらってしまいたいとかそんなことを考えていたわけじゃ決してないんですよ。

「わんこフラッグほしい」
の一言で紳士のピロノレヤさんはしぶしぶ快く連れて行ってくれましたよwww

小岩井牧場の指標からはこんな快走路を走りました。このへんでは雨は降ってなかったようでした。
 
トウモロコシ畑と牛さんたちの牧草地と。
これ牧場の敷地内なんですけどホントもうすんごーくひろーい!

で、閉園まぎわの牧場の案内所へ行って、フラッグほしいんですけど~とお願いすると、なんと受付のおねーさんフラッグを2本持ってきてくれました!(= ̄∇ ̄=) ニィ

フラッグ交付の受付票には住所を書く欄があるのですが
1行目に「東京都品川区」、2行目にも「〃」と((φ( ̄― ̄ )サラサラ

こうしてフラッグ欲しがってたピロノレヤさんに恩返しをすることができましたwww
※諸般の事情でワタシのフラッグの写真はないwのでピロノレヤさんのとこからパクリましたw

このわんこフラッグ岩手県のライダー向け招致の一環のノベルティなのですが、
4つの地域にわかれていてそれぞれキャラが違います。
福島県みたいにライダーだったら誰でももらえるようにすればいいのにねぇ。
だって岩手の南から岩手の北って県外並みの距離あると思うんですよ?

このフラッグ、岩手県のキャラ、そばっちの仲間が描かれています。


県北地域が「こくっち」←道の駅おりつめでゲット
沿岸地域が「うにっち」←道の駅やまだでゲット
県央地域が「とふっち」←小岩井牧場でゲット
これで今回集める予定の3種類のフラッグは全部ゲットできました。

心残りは県南地域のピンクのフラッグ。。。
名前が

「おもっち」

そのままやんwww

このフラッグ配布終了が9月末。
10月までやってくれてればなんとか無理やりにでも行ったのですがまっこと残念無念。。。

無事フラッグを手に入れて、道の駅雫石あねっこ館に向かう途中、
向かう先には夕陽が顔をだしてきましたよ。
 

出発して3日目にしてようやく顔を拝めたお日様。


当然、雨上がりのお日様と言えば、虹がつきもの。
走る背後にそれはそれは大きく見事な虹がかかってました。
これで明日の快晴は約束されたようなものですねwww



道の駅あねっこでスタンプをゲットした後はレンズをゲットするべく
ここで一番インターに近い最寄りの量販店に電話してみると・・・
レンズだけは取り扱っていないんですよとのご回答3-65.gif
壊れたら近くで買えばいいじゃない?なんてのは都会の発想なんだなぁと反省。
ここでレンズを手に入れる計画は断念。

そこからはこの日の宿であるライダースハウス愛輪宿まで高速で一気にワープする予定だったので、サイドバッグからETCを出して装着したのですが・・・
このときサイドバッグにかけていたレインカバーをきちんとサイドバッグにかけ直していなかったのです。

で、高速に向かう途中でガクン!と衝撃が走り、それでもしばらくは走れたのですが、
ギアの入りがどうにも渋くなったので途中で停まってみてみるとカバーが破れチェーンカバーとの間に巻き込まれてしまってました。
更にカバーを巻き込んだ拍子にバッグを留める留め金の部分も引きちぎられてバッグに穴があいてしまってました(´;ω;`)

でも、これ、カバーが破れてくれたからよかったけど、
チェーンカバーとの間だったからよかったけど、
下道だったからよかったけど、
チェーンに巻きついてたら?とか高速上だったら?とか思うと肝が冷えます。

うっかり走行・・・ワタシ結構やるのです。
タンクバッグのファスナーを締め忘れて走ってスマホ落としたり、
ヘルメットの顎紐締めるの忘れて走ったり。

ちゃんと安全確認してから走りださないと、と再確認しました。

気を取り直して、高速に乗って八幡平あたりから濃霧。

なのに、地元の車はびゅんびゅん120km/hとかですっ飛んでいきます。
こんな街灯もない真っ暗な道よくそんなスピードで走れんなぁ・・・。

で、高速降りてライダースハウス愛輪宿へとっぷり真っ暗になってから向かったのですが
山道で民家ひとつなくホントにこっちでいいのかな?とか思いながら向かいました。

で、世界のオートバイという看板を入って最後ダートの道を下って行くのですが
ちょっと下って最初の工場のような場所に入ってみるも真っ暗。
ダートの道は続いていますが人の気配はありません。
ここで宿に電話して見ると
「そのまままっすぐ下って電気のあかりついてるとこ」
と言われたので、またダートを進みます。

左側に灯りがあるので入ってみると、なんだか人のいない工場っぽい・・・。

ここかなぁ???とかゆってると宿の方がこっちこっちと迎えに来てくれましたw
向かい側にも灯りのついた建物がちゃんとありましたwww

で、御挨拶してバイクを降りてみると
なんと空には満天の星空!!!
天の川まで見えています。天の川なんて白馬で見て以来ぶり。
あまりに星が多過ぎて有名どころの星すらも判別が難しいくらいです。

そしてカシオペヤが真上に見えていました。

北にいるんだなぁと改めてしみじみ。

で、宿の方が荷物を下ろす前に建物を見た方がいいよとしきりにおっしゃるので
何事かと思ったら、なんでもこの愛輪宿はもともとは畜舎だったものを買い取って
改造した建物だそうで。
部屋は子牛部屋だったそうなのです。

ところがですよ?!

ちゃんと電気も通ってるし、水も流れるし、更に仕切りのある個室で
ベッドには畳も敷いてある!

ハラショー!!!!( ;∀;)

でも、話を聞いてるとこんなところには泊まれないというライダーさんもいらっしゃったり、
キャンプとか慣れてるんで大丈夫ですって言ってた若者が夜中に静かすぎて寝れませんって電話してきたりしたらしくwww

ピロノレヤさんも静かすぎて寝れなかったって翌朝ゆってましたけど、
ワタシ横になって10秒で即寝でしたねwww
普段健康センターの仮眠室とかで寝てたり、
ボランティアセンター宿泊所での雑魚寝に慣れてるってのもあるかもしれませんが、
500円(年会費は1000円)で個室で泊まれるなんてありえないレベル!

この日の宿を探しているときにもうひとつ岩手県内のライダースハウスを見つけて
そちらに電話をしていたのです。
すると1回目はお手伝いの方が出たのか、
詳細を確認してからお電話しますといわれたっきり連絡もなく、
2回目に電話をしたら、部屋は男女一緒の大部屋で
荒天などによるキャンセルも受けられないとのこと。

なのでそちらのライダースハウスはやめてこちらの愛輪宿さんにお世話になることにしたのです。

この日はオーナーさんとメカニックさんのお二人がいらして、
予定より大幅に遅れたのに、快く出迎えて下さり、
寒かったでしょうとストーブを焚いてくださいました(´;ω;`)

こちらの愛輪宿を作ったいきさつがHPに載っていて
「17歳の夏、ツーリング先で雨に降られて牧草小屋の軒先で休んでいた。
「よかったら中へ入りなさい」と、小屋の所有者が声をかけてくれた。
小屋の中は快適な空間だった。
夏でも肌寒い外気に比べてとっても暖かい空間だった。
彼の好意に甘えて一晩そこで過ごした。
そんな経験から、このライダーズハウスを作ろうと思った」

本当にその志のままのあたたかい空間でした。

遅くなっての到着だったのにお料理も次から次へと!

メカニックさんはピロノレヤさんと同じく沿岸部にお住まいの方だったのですが、
オーナーさんが翌日お仕事で最後までこちらにいられないので
この日のために呼んでくださっていたのです。

で、そのメカニックさん、狩猟の免許も持っていらっしゃるらしく、シカ肉をふるまってくださいました。

まずはシカ肉のお刺身~。ルイベっぽくちょっと凍ってるのも、刺身もやわらかくってくせがなくってとろけるおいしさ~。


お次はタケノコとサバ缶のピリ辛煮つけ~。
このタケノコ、ネマガリダケという東北のブナ帯で採れる細い筍で
これ以上太くならないんだとか。
これにサバ缶をぶちこんで、ピーマンと唐辛子をちょっといれて、麺つゆで煮ただけだよ~って
言われてましたけど、これが味が染み込んで絶品!!!
こっちの筍でやっても食感が違うだろうな~。
これはホント郷土の家庭料理って感じで嬉しい一品でした。


そして定番のきゅうりの漬物。ごろごろの大きなきゅうり、よーく漬かってました~


んで、お茄子の漬物。こちらも酒のつまみにすすむすすむwww


そんでシカ肉の辛子炒め。マスタードがアクセントになっててこれも箸がすすむすすむ~。


この間、バイク談議に花が咲きます。
免許をとって1~2年のぺーぺーだろうと、一旦知り合っちゃうと垣根なく話せるところがすごいですよね~。
ほら、カメラとかだとなんかうんちく垂れたおぢさまがたが
「ふっ、その初心者用カメラじゃね・・・」的な敷居があるのですが、
バイクでそんな垣根を感じた事って今まで一度もないですね。
何十年と乗ってる方とでも、わけ隔てなく話せる。

ライダーってなんてステキ3-12.gif
で、もう食べて飲んでおなかいっぱいなのに最後にメインのシカ肉のステーキを。

どうです、この赤身。
このミディアムレアっぽい焼き加減、ホントにするりとおいしくいただけました~。

こちらの愛輪宿、お食事は割り勘なのですが、
こんだけ食べてひとり1000円でいいよ~って\(◎∠◎)/
もうホント、ライダーってステキ♪

食べて飲んで、3日間走り続けた疲れも出たのか23時半過ぎにはもう寝落ち寸前www

楽しい宴会はお開きになって爆睡モードに入るのでした。

この日のおさらい。くずまき高原-西根-雫石-二戸
この日の走行距離372km 出発してから1775km走行

大きな地図で見る