Monthly Archives: 1月 2016

道道1000号

道道1000号

今年の夏は、極上の晴天の日にこの道道1000号に行こう。

そして目の前に広がる広大な大地とこの斜里岳を
エスト・ミオの背景に心ゆくまで写真を撮ろう。
1000

初めての洗車

初めての洗車

金曜雨(°Д°)
バイクを磨くと雨が降る。

エスト・ミオを手元に寄せて1か月ちょい。
ツーキングだけなので900kmほどしか走ってません。

ので、なんと!


初めての洗車~www
DSC_0710
風がなく日差しがぽかぽかあったかかったです。


フロントフェンダー。
DSC_0708
これはもうメーカーで在庫なし状態なので、ヤフオクで落としてきました。
小傷とかすんごい小さいハゲがぽつぽつあるので、タッチペンで塗りたい。
そしてこのフロントフェンダーのステーがなにかで突いたような傷がいっぱいあるんですよね~。

まぁ錆びてないだけいいけど、なんとかしたい部分です。


そしてタイヤの空気穴を留めてる部分がオレンジにしてくれてましたヽ(o⌒▽⌒o)ノ
DSC_0714
ディスクブレーキのこの丸い部分って、何もしなくてもいいの?
下手になんか塗ったらブレーキ止まらなくなるんだよね?


フロントフェンダーとリアフェンダーも中古品に変わったのですが、
DSC_0711
くうさんがくれた仮面ライダーのマグネットシールも神整備さんがちゃんと移植してくれてましたwww


そしてBikeBuBuさんが、エスト・ミオにガーディアンベルをくださいました~。
DSC_0706
招き猫なんですよー!ヽ(o⌒▽⌒o)ノ


ガーディアンベルは人からもらった方が効果があるといいますし、
無事故のお守りとしてこれから活躍してもらいますよ~( ´艸`)


エスト・ミオはミ・エストの生きてた部品をなるべく移植してもらって、
見てくれを一緒にしてもらったのですが・・・

その、一緒だからこそ感じる「違い」。

例えば、ペダルの付け根が錆びてるとか、
例えば、ペダルの形が違うとか、
例えば、ステーに小傷がいっぱいあるとか、
例えば、ホイール部分に何か文字が打刻してあるとか、
すごくすごく細かいところが目について、
ミ・エストとは違うんだよな~と思ってなかなか受け入れられない部分がありました。

ワンピースの中で、メリー号の修理ができないと診断されたルフィたちは
「似た船なら造ってやれるが、
厳密にいって同じ船はもう造れねえ。
同じ設計図を使っても全く同じ船は二度と造れねえのさ。

例えばそんな船を造ったとして
それが全く別の船であると最も強く感じてしまうのは

ーーーきっとお前たち自身だ」

と、船大工のロブ・ルッチに言われます。

ミ・エストと違うものだと、
頭ではわかってたのですが、
乗れば乗るほど全く違うという事実をこれでもかと思い知らされます。


でも、バイクは自分で洗って、自分で磨いていくうちに愛着が増していくもの。と思います。
ミ・エスト買った時にもやっきになって錆び落としとかくすみをピカピカにしてたのを思い出しました。

新しい相棒との新しいバイクライフは
まだまだこれから、始まったばかり。

♪ヽ(´▽`)/

ガソリン、夏までこの値段でいてくれないかなー

ガソリン、夏までこの値段でいてくれないかなー

さ・む・い・・・・・(´Д⊂ヽ


通ってるGS、
ガソリンがとうとう97円に!Σ( ̄口 ̄;;


ワタシが北海道に行った頃はリッター163-170円だったので1.7倍は走れるってことですよー。

ってことはー北海道ツーリングのときは3025km走ったので、


5288km走れるってことだ!


いや、それは体力的にムリだからw


今年の初夏の北海道行きまでこの値段でいてくれないかな~( ´艸`)


昨日の帰り道。
登り坂の登りきったところで、車線を越えてひっくり返った上に、
フロントがぐしゃぐしゃの車に遭遇しました。
そして反対車線には、倒れたタクシーとバイク。
そちらも警察の方が聴取されていて・・・。


このひっくり返った車を避けようとしたバイクがタクシーにぶつかった感じでした。


バイクの運転手さんは幸い救急搬送されることもなかったようですが、
自分が気を付けていても事故に巻き込まれる可能性はいつでもあります。


そう・・・。
何かに気をとられて赤信号に気づかないバイクが、安全運転をしているあなたに突っ込んでくるかもしれません。。。。


寒くて、道のコンディションも体のコンディションも十分ではありませんので、
くれぐれも運転中は気をつけて、安全に自宅のドアをあけましょうね。