北海道キャノンボールツー5日目 2014/7/1 その1 釧路湿原を駆ける

北海道キャノンボールツー5日目 2014/7/1 その1 釧路湿原を駆ける
北海道キャノンボールツー5日目 2014/7/1 その1 釧路湿原を駆ける

今日は天気が安定してれば朝イチで高尾山に登って昼前に帰ってきて・・・
なんて思っていたのだけど、昨夜(というか今朝?w)まさかの午前3時帰りwww


まぁ起きれたら・・・って思って寝たのだけど、
目が覚めたら予報で昼前には山に雨雲がかかっていたのと、
なんだかのどが痛かったので珍しく自粛。


北海道から帰ってきてすごいことになっていたフロントタイヤ交換で午前中にバイクを預けてきて、
やっぱりなんかちょっとひっかかりがあるっていうか走りがなめらかでないので
見てもらったら、チェーンの中のコマが少し削れてきてて悪さをしていたのだそう。
次回のリアタイヤ交換のときに、前後スプロケ+チェーンの交換。


あー。


次回の交換は・・・すごい勢いで諭吉が手をつないで吹っ飛んでいくよ~。
(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル


電車で帰ってきて、お昼に久々に牛スジ定食食べに行って~
んで、いつもの血圧の薬もらいに病院にいって~
山登っても問題なしのお墨付きをもらったので~


今年の夏はゆる山登りに明け暮れる!(-_☆)V
14056790651181
ええ、写真を撮ろうとすると猫が邪魔するのはお約束www


とりあえず白馬!!!八方池リベンジ!


五竜のお花畑もいってみたいな~。
そして今年の夏の壮大なるフィナーレは!


去年から心に決めてた!



あの、日本最高峰に・・・。
(あまりに無謀すぎて言葉を続けられないwww)



あ、のどが痛いのは昼寝したら治りましたwww




明けて7月1日!
この日は楽しみにしてた釧路湿原での外乗トレッキングです。
8時半には牧場についていないといけないので、朝5時過ぎからママさんがまたもや豪華な朝食を。・゚・(ノД`)・゚・。
middle_1404297258
いや、もはや朝食というには申し訳ない豪華和食卓。


さらに、akumakozoさん、雨の中走ってドロドロになってたミ・エストのチェーンに油まで挿してくださっていました。


な、なんというVIP待遇
3-75.gif



本当に何から何までありがとうございます~ペコリ(o_ _)o))


ダガシカシー!


サービスはそれだけにとどまらず!


本部から1時間半はかかる鶴居のどさんこ牧場まで送迎してくださるというではありませんか。・゚・(ノД`)・゚・。
このご恩は一生忘れません~
DSC_7546 DSC_7556 出発前にakumakozoさんと、ママさんとそれぞれ2ショットいただきました~!


そして写真ではそんなでもないのですが、時折先が見えないほどの濃霧に包まれながら鶴居村へ向かいます。
DSC_7564 middle_1404297694

どさんこ牧場に着いたときには濃霧も晴れて、とりあえず曇り~。
DSC_0311


早めに着いちゃったのでしばし牧場でakumakozoさんと談笑しながら馬を眺めます。
DSC_0313 middle_1404297889 ※いろいろakumakozoさんのところから写真をお借りしていますw


馬のお世話係さんが馬を追うとみんな一列に餌場に戻ってきましたよ~。
DSC_0322


その中で、超マイペースな馬がいたのです。ごーごー寝てたかと思うと・・・
DSC_0317 DSC_0328
一番最後にのんびり餌場に戻ってきてました。


ここの馬はみんな仲良しさんで、お互いに毛づくろいしたり、毛をかんだりしてました。
DSC_0330
これは馬同士の親愛のしるしなんですよー。癒される~。


しーんーあーいー!
DSC_0339
同じ毛色で、兄弟なのかもしれませんね。


牧場も受付時間になったので、それを見届けてくださったkumakozoさんとはこちらでお別れ。
本当に何から何までお世話になりました~。
釧路はホント広大でそのすべてを見るにはとても時間がたりませんでしたが、
すばらしい釧路の思い出を作ることができました。
そして来年は道東ピンポイントでうかがいますのでまたよろしくお願いしますwww
DSC_7567 DSC_7577
受付を済まして馬場に向かうと今日乗せてくれる馬たちとご対面。

馬を駆っている間に、雲がなくなって青空が~!
DSC_7584
そしてさっきの超絶マイペースな白馬さんは、ガイドさんの馬でしたwww
元祖サドルバックつけてますよ~。いいな馬旅。


ホントに馬乗れるの~?とお疑いの皆様にwww
DSC_7594 DSC_7588
ワタクシのブリティッシュな乗馬姿などをご披露いたしますことよξ^▽〆オーホッホッホ


野を越え、山を登り、湿原が見渡せる丘の上に到着~。
DSC_7609
昨日の細岡展望台からとは違った蛇行する釧路川が見えました~。


はるか彼方には釧路の町
DSC_7623
で、ですね~。
なんとこの場所・・・携帯の電波が入るんですwww


なんでも周囲に障害物が何もないそうなのでかえって村なんかより入りやすいそうでw


宮島岬が見えました。
DSC_7619
今回はワタシの駆足レベルではあそこに到達するのがムリだったのでいけませんでしたが、
いつかは必ず行ってみたいです。
※駈足:馬の走らせ方。馬が草原を走ってるときのイメージかな。3拍子です。


ここでお昼~。どさんこ牧場で用意してくれてたおにぎりです。
2014-07-01-10.36.05
この景色をみながらたべるおにぎりは最強においしー!


ワタシを乗せてくれたどさんこ馬の大地くんです。
2014-07-01-11.32.41 2014-07-01-11.32.56
サラブレットと違って高さがそんなにないのと、山を登ったりするのはやっぱ力強いです。


展望地を抜けたあとは湿原の中へ。


釧路湿原についていろいろレクチャーもしてくれます。


釧路湿原のあるところはもともとは海だったそう。
約4000年前、流入した砂で海が閉じられ土砂や泥炭などが堆積して今の姿になったんだそうです。
そして阿寒山や屈斜路湖などの豊富な下水が注ぎ込んで今なお湿潤の湿原の姿をしているんですねー。


キラコタン岬や宮島岬の名前は昔海だったときの名残のままなのだそうですよ。


これはヤチボウズ(谷地坊主)
DSC_7647
湿原特有の植物でこれ結構大きくて70cmくらいありましたけど、1年に1cmしか延びないそうなので、
これ70年ものですよΣ( ̄□ ̄ノ)ノ


そして、湿原の中の樹木としてはこれしか育つことができないという
ヤチハンノキ
DSC_7653
湿原は基本的には泥炭の堆積物で地盤というわけではないので根を張る樹木は育たないそうで、
釧路湿原に立っている木はすべてこの1種類だけだそうです。
そしてこのヤチハンノキは樹齢100年もしないうちに自然に倒れ、若い世代に譲っていくため
密林化することなくこの湿原の姿を保っているのだとか。


本当に自然の食物連鎖はよく出来ていますね。


そしてヤチマナコ。
DSC_7650 DSC_7651
湿原は厚く泥炭が堆積しているところには乗ることができます。
実際乗って揺らすと泥炭がゆれるので、液状化現象みたいに揺れますwww
でも基本は水の上なのでその泥炭の堆積物が途切れるところがあって、そこに棒をつっこんで
どのくらいの深さかを体験させてもらいました。


ずぶずぶ埋まって3~4mくらいはありそうでした。
まさに底なし沼・・・。
DSC_7652 DSC_7668
そしてそばの木の根っこには、熊が引っかいた爪痕が残っていました。
ありの巣があったので、おそらくそれを狙っていたのだろうということ。


陸地は白樺も生えていました。
DSC_7658 DSC_7671
春になると山菜摘みができるそうなのですが、行者ニンニクが自生してました。
すんげーニンニク臭wwww
これ食べてフルフェイスかぶろうもんならとんでもないことになりそうですww


湿原のレクチャーを受けながら、5時間のトレッキング。
天気にも恵まれ、久々に馬に乗って走る草原はとても爽快でした。
(バイクに乗る前は馬に乗りに北海道に通ってたのです。)


馬に乗らなくても、鶴居どさんこ牧場のちょっと先にバイクでもいけるミニ湿原エリアがあります。
DSC_7691
このちょっと先に沼があるのですが、
ここで今年タンチョウ鶴が抱卵をしたそうです。


ですが・・・


それがうわさになってしまったのか、
1日中張り付いてカメラを構えているカメラマンが出没し、
結局タンチョウ鶴は抱卵をやめてしまったのだそう。


知床のキタキツネのときも思いましたが、
単に自分の欲を満たすだけの行為が本来人間とかかわりのないはずの野生動物へどれだけ影響を与えているか。


これは企業や行政の観光客誘致の姿勢にも問題あると思いますが、
安易にキタキツネが見れるとかタンチョウ鶴が見れるとかって
うたい文句でツアーを組んだりして、
安易にその環境を訪れることができるようになってしまっていること。


もっと誘致する側も訪れる側も考えるべきだと思う。


すばらしい自然の中でいろいろすばらしい体験をさせてもらった鶴居どさんこ牧場を後にします(14:30pm)
DSC_7701 DSC_7700


続く。

14 Responses »

  1. ヒトミンさん乗馬もされるのですね(≧∇≦)
    乗馬姿、超かっこいいです!!!
    やはり、人生やりたいことやらなきゃ損ですね^_^
    ヒトミンさんのアクティブさを見習って今年は色々挑戦しようっと(*^^*)
    北海道は本当にでっかいどう!なんですね〜(*^^*)スケールが違いますな〜!!

    • >大魔王さん
      お褒めに預かり・・・アザーッス!
      もうちょっと減量しないとだいぶ残念なことになってますがw

      人生、いつなんどき、どうなるかわかんないですからね。
      いろんな理由をつけて後回しにしようとしたりしますけど、
      明日バイクに乗れない体になるかもしれないし、
      明日津波が襲ってくるかもしれない。
      だれも明日がこないなんて思って生きてないとは思うけど、
      「あなたが空しく生きた今日は、昨日死んでいった者が、あれほど生きたいと願った明日」
      の言葉を決して忘れることなく毎日全力疾走がモットーですwww

  2. 北海道レポ楽しく拝見してます!
    釧路方面は訪れたことがないので、今年は是非行ってみようかと思ってます。
    8月中旬、仕事の神様からお呼びがかかりましたヽ(^。^)ノ

    • >くうさん
      おおおおーおめでとうございますっwww
      くうさんのあくまでお仕事ときどき北海道レポwww楽しみなんですよー。
      北海道も残すところあと3日となりましたw
      いいかげん早く書かないと旬のネタがどんどん鮮度がなくなっていってしまうのでw
      早めに書き上げたいと思います~。

    • >ほりりんさん
      あっ、コメント飛ばしてた。ごめんwww
      ぽーさんね~、元気にしてるかなぁ・・・。
      もっと金持ちになったらまた通いたいw

    • >あやんちゃん
      今年はやるよー!昨日もいい感じだった~。
      山頂からの写真楽しみにしてくれ(≧∇≦)/

  3. じぁゃじぁゃ~~

     ひとみんさん なんと 😯 鉄馬に乗るし 生馬 😆 にも乗るんだね

     あ~~ あそこの牧場で乗って来たんだ^^
      俺は チョット寄って馬眺めてきました

      山ガールもですか・・・・ すげぇ~~なぁ 

    • >ぎんちゃんさん
      ワタシはもともと生馬乗りだったのですよ~( ´艸`)
      バイクにお金がかかりすぎるので、断念しましたが今でも馬は大好きです。

      体が動かせるうちにアウトドアなことはやっておかないとwww

  4. ひとみんさん、おはようございます。
    毎回楽しみに拝見させていただいています。

    北海道の旅レポ、Twitterでハードスケジュールっぷりを驚きつつ、今回までの詳しいレポで、その内容の濃さに更に驚き!
    バイクもご自身も、旅の疲れが出ちゃう頃ですので、気をつけてくださいね~。

    • >うっきーさん
      ありがとうございます。
      さすがに長すぎるのでそろそろみんな飽きてきたかなーwww
      仕事がやや落ち着いてきたので、
      集中して北海道ツーレポ終わらせますっ。
      バイクは徹底的に整備してもらってるので復活しました~。
      自分は・・・夏に向けてますますパワー全開で、手におえないwww
      お気遣いありがとうございます~( ´艸`)

  5. おはようございます!

    そうか。
    『鉄馬』っていうくらいだし、バイクと違和感無いのかも!?
    ・・・自分にも乗れるかな(笑)

    • >たいさん
      ふふふ。

      そう思うだろう~?

      でも、基本的な姿勢や力を入れるところが違うので、走らせるには苦労するのですよ。
      ただ、バイク乗りの人はバランス感覚はとてもいいのでそこそこ歩くくらいならだいじょぶと思います。

ぎんちゃん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

バイク画像添付できるよ!(ファイルサイズ小さくしてね)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)