Daily Archives: 2012年12月11日

二輪講習

二輪講習

土曜日は二輪講習でした~。

前回少なかった反動か、今回はなんと予約が40番目!
ギリギリでした~。

いつもの急制動から。
・自分でかけれるめいっぱいの強さの急制動
・視線がおちない急制動
・ニーグリップがずれて前につんのめらない急制動
・肩の力を抜いた急制動
を心がけました。

人数がおおかったせいもあるのか、特に注意されることもなく、
肩の力を抜くってのはまだまだ甘かったですが、
腹に力入れて前につんのめらない急制動はかなりできました3-33.gif
で、バランスセクション。
今回初めての人向けにすごく詳しく各セクションの説明をされていて、
ワタシなんか最初にマンツーマンで指導員についてもらったときに
ざっと説明聞いただけで、適当に流してるところもあるんで、
こんなにちゃんと説明してくれるなら、だいぶ要領飲み込んできた今
もう一度ちゃんと解説聞きたいなと思いました。

相変わらずニガテな8の字。
毎回書いてますが。
本当にさっぱりコツがわからないのです。
で、今回はその8の字の担当がO指導員。
コワモテの、スパルタ指導員ww

毎回出来てないって怒られるんですけどね、
で、次のターンにもうひとりの指導員の方に行けばいいのに、
やっぱりO指導員の方に行って怒られるわけですよ。
基本ドMなんでwww

1回目のときはもっと直線でアクセル開けろといわれ、
2回目のときはあけすぎて円の外側にはみ出て、もっと細かいアクセルワークやるように怒られ
3回目のときはアクセルワークはできたんだけど、もっと上体を倒せ~!と怒られ
4回目のときは上体倒したつもりが車体倒したみたいでステップガリガリ擦りまくり・・・

そんとき、とっているラインに対して姿勢がリーンアウトすぎるといわれました。

リーンアウトとかそんなの気にしたこともなかったょ。。。

そもそも8の字スラロームの基本のようなものも理解してない。
講習終わってぐぐってみたけど、なんかサーキット向けのリーンインとかの説明ならあったけど・・・
あとは白バイの大会とか大型教習の8の字スラロームの記載ばっかり。

直線の部分でアクセルをあけ、旋回の手前でブレーキかけて、
旋回するほうに上体を倒しこんで
旋回が終わりかけにアクセルあけて車体を起こすという一連の流れのようなのだけど・・・

ニーグリップがちゃんとできてないのもあると思うんだけど、
バイクの傾斜と自分が平行になって傾斜するなんておそろしや・・・
転んでミ・エストガリガリにしたら立ち直れないし~
エストはもともとバンク角がないからどこまで倒せばいいのかわからんし。

千鳥走行なんかよりめっちゃくちゃ難しいんですけど~!!!

次回、8の字スラロームばっかりやったらダメですか?

やっぱ、次回ははじめてさんに混ざって説明もう一回きこ。

最後がスラローム走行。
目の前を走ってる人が慣れてない人でクランクやUターンで足をつきまくってて
転ぶんじゃないかと思ってひやひや。
以前のワタシもそうだったけど、曲がるときに足つきたくて膝がタンクから離れちゃうから
かえって不安定になるんだよね。
だいぶ車間距離あけたんだけど、もう前の指導員の後姿も確認できませんでしたwww

2周ほどして指導員が気づいてくれて前の人は違う練習セクションに移動してましたが、
その前にいた人もおんなじ感じでアクセルをあけたり閉じたりもしてなくて、
どんどん指導員が見えなくなる感じ。

もうラインとりはあきらめて、
・腹筋と背筋を使ったスラローム、
・肩の力を抜いて走行
を心がけて終了~。

——

講習友達のほそやんさんが、ニーグリップのやりすぎでカウルにヒビが入ったってゆってました。
なんか~ワタシ普段はまったり乗りすぎてんだなぁと重いまして。

昨日の通勤のときからとある試みを・・・。

ワタシの通勤路はほっとんど直線なので、
1.道なりのカーブはハンドルワークではなく、
ニーグリップと体重移動だけで曲がる修行を開始。

2.坂道の下りや、ブレーキ停止の際、上半身が前のめりにならないようニーグリップする。

これがなかなか面白い。

いかに今まで腕でハンドルをぶんまわし、
遠心力のなすがままだったか実感~。

30分の道のりがなんだか充実した楽しいものになってきましたよ~。

↓気づいたら、腹の力がぬけてるんだよね~ポチ!
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村 カワサキ
↑ってか、今更?とかいわないで~(T∇T)ポチ!