Daily Archives: 2012年10月21日

パニックブレーキによる涙の白駒池行き未遂と散財

パニックブレーキによる涙の白駒池行き未遂と散財

あーここまでタイトルで書いちゃえば何が起こったかは容易に想像つくでしょうが・・・。


今まで転ぶとあーもうバイク向いてないから辞めたほうがいいかも~とか
毎回律儀にどんより落ち込んでましたが・・・

悟り?あきらめ?の境地・・・。

・・・ことの起こりは木曜日の夜の雨。

すごい雨だったので、電車で帰ろうかと思ったのですが、
翌日は台風一過の大晴天予報!
翌朝3時に出発して白駒池からビーナスラインを走るつもりだったので、
ちょっと無理してミ・エストを走らせたのです。

雨の日のフロントブレーキはキーキー音を立ててがっくんがっくんブレーキが入るので
それこそ30~40km/hの超安全運転で走ってました。
当然いつもより時間かかってましたし、
ブレーキのいや~な感じが
「な~んかヤダな~。明日は路面がウェットだったらなんかやるかも?」
と、心を蝕んでいたのもあります。

で、家まで残り3kmの駅前を通過するとき・・・

タクシーがいきなり右折。
あわてたワタシは、横断歩道の白線の上でとっさにフロントブレーキを!


雨で濡れ濡れの白線上で急にフロントブレーキかけたら・・・
当然・・・ねぇ3-08.gif
タクシーはちょっとだけ停止して
「あーあ・・・、オマエが自損したんだから俺はシラネー」
とばかりに知らんぷりで右折していってしまいました。

幸い後続車はおらず右側に投げ出されたワタシは、
即座に立ち上がりバイクを移動しようと試みましたが
力が入らず、やがて変わった信号の歩行者の方に起こすのを手伝ってもらい路肩へ。

もともとやな感じだったのでスピード出してなかったのもあり、
右足と右腰の打撲はしたものの、出血も曲げられないこともなく・・・
ミ・エストもエンジンは問題なし。

・・・ハンドルが上にくるんと曲がってしまい。

・・・タンクにでっかい引っかき傷。

・・・フロントフェンダーは塗装がはがれちゃった。

ま、タッチアップペンまだ残ってるしぃぃぃ~

傷は補修した後RISEと和屋さんシールで隠しちゃおうwww

家まであと少し、エンジン回りの走行に支障はないけど、
ハンドルが曲がってミラーが見えないので、すべて目視で30km/hののろのろ運転。

体は大して痛くないし、ハンドルはおそらく近くのバイク屋で向きを直してもらえば
翌日走れなくはないとも思いましたが、
これまで騙し騙しナメて乗ってた自業自得だと反省して
1年点検とブレーキ周りのオーバーホールをお願いすることにしました。

翌朝、雲ひとつない青空の下、お店が開く時間まで不貞寝してドナドナをお願いする電話を・・・。
引き上げはJBRのロードサービス無制限に入ってたので元とれたよ・・・www

店長さんが言うには、フロント周りに違和感があるとのこと。
でも、スピード出してなかったから軽傷で済んでるねってことと、
今回は、素材が変わったシールドが割れなかったね!(今まで3回割ってきた)って笑いをとったり。

1年点検が1諭吉、今回ブレーキ、クラッチ、アクセルワイヤーを全交換することにしたので工賃含めて2諭吉弱、
それにブレーキ周りの、フロント周りの不具合があれば修理でプラスアルファ・・・。

今月保険も更新したのに懐が痛い痛い痛い~ぃぃ!

でもね・・・
まじめな話。

ミ・エストに乗ってない日は殆どないってくらい毎日乗っているので、
ぺーぺーの2年生ながら、ミ・エストの調子少し悪いなってのわかってました。
お世話になってた大先輩がちょっとでも不具合を感じたりすると
すーぐお店に持ち込んで整備してもらってたりするの、
神経質で金持ちだなぁって思ったりしてたのだけど、
ああ、こういうことなんだなぁってわかったというか。

ちょっとした違和感、それが大事故につながる可能性があるということ。

あんまミ・エストの調子よくないってわかってたから、スピード出してなかった。
前回雨の中60km/hですっ転んだときに比べると学習してるとは思う。

でも、今回はたまたま運よく後続車がいなかっただけ。

不具合のサインは、バイクが出してくれてるワタシの命の安全への警告。

身を呈していつも守ってくれてるミ・エストの傷が増えるたび、
ワタシよ、少しは学習してんのかぁ?と自問する。

自損や立ちゴケは今まですべて雨がらみだった。
無理だと少しでも感じたら、乗らないという決断をする自制力が必要だなんだと思った。

いまんとこ、修理期間は未定。でも、ミ・エストちゃーんと直してもらって
26日の金曜日には白駒池にもいちどチャレンジできたらいいな~。